日々の野菜帖

「日々の野菜帖」はじめに

  • 文・写真 高橋良枝
  • 2017年9月4日

 74歳でiPhoneを購入。SNSなどチンプンカンプン。

 退屈だし何か一つだけやってみようと思いました。それがインスタグラムでした。

 インスタを始めて1年、多くの出会いがありました。顔は見えないのに、親しく感じる方もたくさんあり、新鮮な驚きでした。

 インスタで選ぶ素材も徐々に決まっていきます。料理や花、猫、本など日々の暮らしを、サラッと描く。しっかりした絵は描けないけど、スケッチなら描ける。中でも好きな料理、野菜はスケッチに一番向いていました。

 インスタに流れる日々と、季節の旬の野菜は見事にマッチしているのです。

 その日、その時思いついて、あるもので作る。練って試作を繰り返す料理でもない、まさにスケッチなのです。

 季節を追って描いていたら、自然に旬の野菜が中心になっていました。

 季節ごとに流れる野菜のなんと美しいことか。四季のある日本の野菜は、私にとって愛してやまない存在なのです。

   ◇

 高橋良枝さんのインスタグラムはこちら

 日々のショップはこちら。 

 次回は9月19日(火)の更新予定です。

高橋良枝さん「日々の野菜帖」

 いつまでも伝えていきたい旬がつまった野菜レシピが満載。著者はリトルプレスで人気の「日々」の編集長。この本は著者が1年にわたるがん闘病中の、その余命を慈しむような丁寧な料理や野菜との日々がつづられている。写真、文、料理、スタイリングすべて本人が行い、自然の恵みを豊かにいただくヒントが満載。(隔週更新の予定です)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

高橋良枝(たかはし・よしえ)『日々』編集長

1942年横浜生まれ。大学卒業後、出版社に入社、雑誌の編集に携わる。出産後7年間、2人の子どもを育てる専業主婦として、明治生まれの家事上手な祖母から学んだ料理や、新しい料理、菓子作りにいそしむ。30代半ばでフリーの編集者、ライターに。42歳で編集プロダクション「アトリエ・ヴィ」を設立、多くの雑誌や書籍の編集、PR 雑誌を制作。60歳を過ぎて料理や器、旅などをメインテーマにしたリトルマガジン『日々』を創刊、日々の暮らしにそっと寄り添う雑誌として、多くのファンを持つ。2015 年に創刊10周年を迎えた。70歳を超えた今も、好奇心のアンテナに引っかかる人やものがあると、軽やかに赴く。2017年4月24日永眠。
 ・『日々』のショップはこちら
 ・インスタグラムyochi73

BOOK

「日々の野菜帖」(発行・朝日新聞出版) 高橋良枝 著

写真

野菜をおいしくいただきたい雑誌『日々』の編集長である著者が余命1年のなかで綴ったレシピたち。日々、一食一食を大切にし、愛にあふれた料理。手をかけて料理する喜びがたっぷり詰まった「日々の野菜帖」。
税込2160円

「昭和ごはん」(発行・朝日新聞出版) 高橋良枝 著

写真

シュッ、シュッ、かつお節を削る音。トントン、きゅうりを切る音。ジュージュー、さんまを焼く音。コトッ、コトッ、ふろふき大根を煮る音。懐かしい台所の音が、一冊に込められている。季節の「旬」を味わうレシピ70。「日々」の暮らしの中で紡いで来た昭和の家庭ごはん。
税込1620円

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns