冷水料理相談室

ワンオペ育児のマンネリごはんを脱したい!

  • 冷水希三子 写真 関めぐみ
  • 2017年9月21日

  

〈相談者プロフィール〉
若松理恵さん 42歳 女性
千葉県在住
主婦

    ◇

 結婚17年目の主婦です。子どもを4年おきに3人産み、12年間休みなしのワンオペ育児をしてきました(子どもは3姉妹で、現在、中1、小4、4歳です)。

 夫は仕事の都合で毎日深夜に帰宅するため、家事育児はほとんどできません。さらに転勤族ということで、両親も近くに住んでおらず、家のことはひとりでこなしてきました。

 長女と次女はすごく活発で、小さいころから骨折などのケガが絶えません。長女が年中さんのころに骨折し、手術で入院することになった時は、病院に付き添いつつ、ちょろちょろする次女と三女を連れて一時帰宅。おんぶしながら家族の食事を作ったこともありました。

 こんな感じですので、いつしか我が家の食事は「野菜を切って鍋に入れ、ひたすら煮込む」という“ほったらかし料理"が主流に。なかでも作り置きでき、野菜がたくさんとれるラタトゥイユ風の野菜スープ(圧力鍋を使用)と豚汁は、週に何度も作るほどの定番メニューです。

 豚汁もラタトゥイユも定番の食材の他に旬の野菜を入れて、ウインナーや豚肉などのお肉を少し入れています。最近はこのどちらかの料理が必ず鍋に入っていて、お腹がすくとすぐ不機嫌になる子どもたちを制するためのお守りのような存在になっています。

 夫も子どもたちも、飽きることなく食べてくれているのはありがたいのですが(もはや我が家の味ということで、ほっとするみたいです)、最近は作っている自分が飽き飽きしてしまって(笑)。

 三女が幼稚園に入ったことで、少しだけ心にも時間にも余裕ができたのかもしれませんが、たまには新しい料理を作ってみたいと思うようになりました。

 とはいえ、姉妹が揃うと喧嘩が絶えず、料理中にも小競り合いが始まって、仲裁に入っているうちに料理が台無し……ということもしばしばです。

 そこで、我が家のお助け料理であるほったらかし料理に、ぜひ冷水さんのアイデアを加えていただけないでしょうか?

 野菜やお肉など栄養がバランスよく取れて、煮込んでおくだけでおいしくできる。かなりズボラなリクエストでお恥ずかしいのですが、まずは新しいメニューに挑戦するところからマンネリごはんを脱したいと思っています。

 身近なスーパーで手に入る食材で作れるメニューだと無理なく作れるかなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    ◇

「&w」では、読者のみなさまから「料理相談」を募集しています。
 日ごろのお料理の悩み、あの人に、こんな料理を、こんな思いを届けたい――。
 お料理にまつわるエピソードをお寄せ下さい。選ばれたご相談にお答えする形で、冷水先生がお料理を作ります。
 ご相談は、お料理の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。詳しくは下記の応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。採用させていただいた方には、冷水先生の新刊『さっと煮サラダ』(グラフィック社)を差し上げます。

>>ご応募はこちら

冷水料理相談室 取材協力者募集

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

冷水希三子(ひやみず・きみこ)

冷水希三子

料理家・フードコーディネーター。レストランやカフェ勤務を経て独立。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告などで活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集めている。著書に『ONE PLATE OF SEASONS-四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!