クリトモのさかな道

築地直送の魚介で炭火パーティー

  • 文・写真 栗原友
  • 2017年10月3日

 先日、岐阜県に住む方のお宅へお邪魔しました。季節ごとに郷土料理を送ってくださったり、本当にお世話になっている方です。今回も家族で1泊させていただくので、夜は宴だなと思い、築地から2ケース、魚介類を送りました。

築地から送った荷物たち。のどぐろ、ほたて、さんま、いわし

 送ったのはのどぐろ、サンマ、イワシ、ツブ貝、はまぐり、ホタテ、本ししゃも、カキ。カキは北海道仙鳳趾(せんぽうし)のカキ。のどぐろは開いて塩をして準備。イワシはお刺し身に。

 ツブ貝は刺し身と焼き。庭で炭の焼き場を作って、のどぐろ、サンマ、ホタテ、ツブ貝を焼きました。炭火の料理って本当においしいんですよ。炭のいい香りがして火がじんわり通っておいしく仕上がります。

ツブ貝、ホタテ、カキ、はまぐり

 ししゃもは卵白と片栗粉だけで揚げたものと、我が家の定番、黒ごま揚げの2種類。カキはむいてポン酢でいただきました。

本ししゃもをカリッと揚げました

お得意のししゃも黒ごま揚げ

 その夜、全部で4家族と数名が集まり、それはそれは楽しい宴となりました。奥様の手料理はいつも最高で、里芋が出始めたときに、新米と一緒に炊いてお団子にするという郷土料理や、近所のおいしいお豆腐やさんの豆腐で湯豆腐を食べたり、栗ご飯を炊いてもらったり、塩もみしたピーマン、ミョウガ、ごぼうなどを酒かすであえたものや、うりのかす漬けなど。

仙鳳趾のカキ。ミルキー!

カキ、本当においしかった

 私が感激したのは猿舞(さるまい)という微毒のきのこと鶏肉の茶わん蒸し。きのこのだしがものすごく濃くて、こんなにおいしいきのこだし、はじめてでした。とにかくごちそうがずらずらっと並びました。おかげさまでのどぐろは大人気で、最後にお皿を見たら2匹ののどぐろは、きれいに頭と中骨だけになっていました。笑

 炭火料理、いいものですね。東京ではなかなかできないので良い体験をさせていただきました。

さんまの炭火焼き

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗原友(くりはら・とも)料理家

写真

東京都出身。趣味の旅行や留学中に出会った外国の味を、日本でも簡単にアレンジできるレシピを紹介すると共に、旅と食の楽しさを様々なターゲットに向けて提案している。2012年から4年間、築地の斉藤水産で修行。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や魚を用いた食育に力を入れている。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。http://kuritomo.co.jp/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!