冷水料理相談室

旬のサンマで作る、しみじみ梅煮

  • 冷水希三子 写真 関めぐみ
  • 2017年10月5日

  

<冷水先生からのメッセージ>

 大きくなったお子さんに、ついハンバーグやカレーを作ってしまうお母様のお気持ち、なんだかわかるような気がします(笑)。

 今回はアメリカから一時帰国されるということで、旬のサンマを使った煮物をご紹介したいと思います。

 サンマといえば一番に思い浮かぶのは塩焼きですよね。でも脂の乗ったサンマは煮物にしても絶品。たっぷりのしょうがと梅と一緒に煮ることで、さわやかな味わいに仕上げることができます。

 ポイントはサンマが煮崩れしないよう、弱火で静かに煮ること。今回はごぼうを加えましたが、れんこんでもおいしいと思います。

 根菜類は魚と一緒に煮始めると味が濃く入ってしまうので、加えるのは時間差で。今回のようにささがきや薄いスライスにする場合は、あらかじめ下ゆでしておいて、最後に5分程度さっと煮るといい塩梅(あんばい)になります。

しょうがの千切りを鍋に敷き、その上にサンマを乗せます。サンマが鍋底に触れていると焦げたり、煮崩れたりするのでご注意を

今回はささがきにしましたが、好みで四つ割りなどにしても。その場合は煮る時間を少し長めにしましょう

■サンマとごぼうの梅煮

◎材料(4人分)
サンマ…2匹
ごぼう…20cm
梅干し…2個
しょうが…1片
酢…50ml
酒…150ml
水…200ml
薄口しょうゆ…大さじ1
砂糖…大さじ1と1/2

◎作り方
1 サンマは頭と内臓を取ってから水気を拭き、4等分の筒切りにする。ごぼうはささがきにして水にさらしておく。しょうがは千切りにする。

2 鍋(18㎝くらい)に1のしょうがを敷き、その上にサンマと梅干しをのせる。酢、酒、分量の水を加えて火にかけ、沸いたらアクを取り、落としぶたをして弱火で1時間ほど煮る。(途中水分が減ってきたらサンマがひたひたになるくらいまで水を足しながら煮る)

3 2に薄口しょうゆと砂糖を加えて20~30分煮て、具を取り出す。

4 熱湯で1~2分ゆでた1のごぼうを3の煮汁に入れ、4~5分煮る。サンマ、しょうがと一緒に器に盛り、煮汁をかける。

(ライター/小林百合子)

    ◇

「&w」では、読者のみなさまから「料理相談」を募集しています。
 日ごろのお料理の悩み、あの人に、こんな料理を、こんな思いを届けたい――。
 お料理にまつわるエピソードをお寄せ下さい。選ばれたご相談にお答えする形で、冷水先生がお料理を作ります。
 ご相談は、お料理の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。詳しくは下記の応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。採用させていただいた方には、冷水先生の新刊『さっと煮サラダ』(グラフィック社)をプレゼントします。

>>ご応募はこちら

冷水料理相談室 取材協力者募集

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

冷水希三子(ひやみず・きみこ)料理家

冷水希三子

料理家・フードコーディネーター。レストランやカフェ勤務を経て独立。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告などで活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集めている。著書に『ONE PLATE OF SEASONS-四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!