朝日新聞ファッションニュース

秋冬トレンド SNSの「インフルエンサー」に聞く@NY

  • 2017年10月4日

 今年の秋冬は、丈の長いブーツが人気復活の兆しだ。鮮やかな赤も流行色のひとつとして注目されている。13日まで開かれていたニューヨーク・コレクションの会場周辺で、トレンドを先取りした女性たちに声をかけた。

ひざ上丈のブーツ 人気復活の兆し

 マンハッタンにある主会場の周りでは、服や小物に赤を取り入れている人をたくさん見かけた。

[1]アラ・コストロミッチョバさん

[2]マリア・ポンボさん

 モデルのアラ・コストロミッチョバさん=[1]=は、赤いミニスカートに丈の長いデニムのジャケット姿。マリア・ポンボさん=[2]=もデニムのジャケットを羽織り、腰にはグッチのベルト。赤いルイ・ヴィトンのミニバッグをポイントにした。

[3]マルタ・ロザーノさん

 学生のマルタ・ロザーノさん=[3]=は、光沢のある赤いミニスカートに、黒いロックTシャツとシャネルのバッグを合わせた。全身を2色に抑えたことで、迫力のあるアイテムをうまくまとめた。ポイントは、マンゴの商品だという赤のニーハイブーツ。丈の長いブーツは、この秋冬の人気アイテムのひとつだ。

[4]テレサ・アンドレ・ゴンザルボさん

 同じく「光るブーツがポイント」と話していたのは、学生のテレサ・アンドレ・ゴンザルボさん=[4]。太ももまであるサイハイブーツにミニスカート、黒いマリンキャップをかぶり、縦に長いラインを強調した。

 今回声をかけた女性は、写真を投稿する人気のSNS「インスタグラム」を全員が利用していて、中には何万人もフォロワーがいる人もいた。その影響力から「インフルエンサー」と呼ばれ、有名ブランドのファッションショーにも招待される。流行の発信源であり、トレンドを大きく左右する存在になっている。

ジャケット+ゆったりパンツも旬

[5]アンバー・ビクトリアさん

 ジャケットスタイルも目についた。長めの丈で、ゆったりとしたパンツを合わせるバランスが旬。セクシーに着ていたのはブロガーのアンバー・ビクトリアさん=[5]。素肌の上にジャケットを着たという。

[6]ポリーナ・メシコヴァさん

 パジャマ・ルックも健在。きゃしゃで小柄なポリーナ・メシコヴァさん=[6]=は、ウエストの高い位置にベルトをし、ピンヒールで着こなしていた。

[7]マリーナ・イングヴァルソンさん

[8]エイミー・ジャクソンさん<写真はすべて平野功二氏撮影>

 ファストファッションを上手に着ている人もいた。スタイリストのマリーナ・イングヴァルソンさん=[7]=は、クセニア・シュナイダーのユニークな形のデニムに、緑色のザラのブラウスを合わせた。朱色の口紅が差し色として効いている。テーマは「キープナチュラル」。自然に下ろしただけの髪がほどよく力の抜けた印象を与え、とても目立っていた。ブロガーのエイミー・ジャクソンさん=[8]=は、フリルがキュートなギンガムチェックのブラウスに、トップショップのシンプルな黒いパンツを合わせた。(長谷川陽子)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!