TOKYOワインバル・クルージング

直球勝負、上質なフランスの美味を堪能

  • 東京都港区白金3丁目:オルディヴェール
  • 2017年10月13日

飛松シェフがジュヴレイ・シャンベルタンに滞在した秋の情景を再現した「エスカルゴ ブルゴーニュ 2015」。『ティエリー・エ・パスカル・マトロ ムルソー2011年』(ボトル1万1500円、グラス1650円)のリッチでふくよかな果実味が、泡状のエスカルゴバターをまとったエスカルゴとウフ・ポシェを柔らかに包み込む

  • 「ブレス産ピジョンのロティ」は古典的なカシスソースで。タマネギのローストとジロル茸を添えて。『ロベール・シュヴィヨン ニュイ・サン・ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ2005年』(ボトル1万3500円、グラス2000円)が持つ鉄のニュアンスと熟成した果実味がハト肉の野性味やカシスのフルーツ感と響き合う

  • オーストリア、ニュージーランドの自然派からクラシックなスタイルのブルゴーニュまで。右端の『シモン・ビーズサヴィニー・レ・ボーヌ オ・グラン・リアール 2009年』(ボトル1万2000円)は果実感と繊細さを備えたエレガントな一本。戸田氏が収穫・醸造に携わったこともある思い入れのあるドメーヌ

  • カウンター4席、テーブル12席の全16席。天井が高い地下空間は居心地がいい。隠れ家感も抜群

[PR]

オルディヴェール

 今年8月21日、港区白金高輪の四の橋商店街にオープンした「オルディヴェール」。フランス料理とワインの「オザミ」グループ、名店「ル・ブルギニオン」に勤務してきたオーナーソムリエの戸田健太郎氏が、シェフの飛松裕之氏とタッグを組み、直球のフランス料理とフランスワインで勝負するワインレストランだ。

 ビル地下1階ながら、アプローチが広く採光がとられた店内は、木目を多用したシンプル&シックな内装でまとめられ、高級感が漂いながらも居心地の良さを実現している。

 「ワインを中心にお客さまが楽しくつながれるようなレストランに」とまっすぐな視線で夢を語る戸田氏。ワインは新設したウォークインセラーに約200アイテムが眠る。8割方がフランス産だが、オーストリア、オーストラリア、イタリア、アメリカなどの自然派ワインもカバーしている。

 戸田氏の期待に応えるように、シェフの飛松氏が繰り出す料理もまたストレートなフレンチ。18時から20時半までが6000円と8000円のコース、22時までがアラカルト、以降がバーメニューで、さまざまな楽しみ方にも対応する。秋の夜長、流れる上質な空気に身を委ね、美食の国の食文化を堪能したい。

グラスワイン 9種 1000円~
ボトルワイン 約200種 6000円~

    ◇

オルディヴェール
住所:東京都港区白金3-9-8 スカーラ白金シティプラザB1F
TOKYOワインバル・紹介店舗マップはこちら
TEL:03-6874-3380
営業時間:18:00~翌1:00(金は~翌2:00)
定休日:日、第3月休
交通:東京メトロ・都営地下鉄白金高輪駅より徒歩5分

今号は、ニューオープンの秋の味覚の美味しい店特集

『ワイン王国』11月号(10月5日発売)のTOKYO ワインバル・クルージングでは、美食の秋到来! ニューオープンのお店の中から特に料理に力を入れている個性豊かな店を紹介します。秋の味覚を盛り込んだ1品や店の自慢のスペリャリテとソムリエ一押しのワインとのマリアージュをぜひお試しあれ。

■この記事は、『ワイン王国』11月号(No.101)に掲載されています。

ワイン王国

Copyright(c)ワイン王国 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!