よなよなハンコ

やっぱり読まれた!

  • 文と絵 百世
  • 2017年10月12日

 4回目のよなよなハンコです。今月から月2回の更新になりました! ペースが早くなったな~というのを早速実感しています。ハンコも彫るので、締め切りの1週間前くらいから何を書こうかなって考え始めるんですが、今回は今までのペースと違ったからか、何を書くか決まらなくて、ちょっと焦りました……。だんだん慣れていくのかな!?

 この間知人に「ももちゃんを知ってるからかもしれないけど、文章が丁寧過ぎる気がする」と言われました。うーむ、言われて読み返してみたら、確かに普段の私よりも丁寧! もしかしたら人見知りの性格が文章にもでてるのかなと思ったり。4回目じゃまだ知り合ってほやほやって感じですからね。緊張してるのかも。

 人見知りは昔からで、小学生のときには街で友達を見つけると即座に隠れたりしてました。約束してない日に友達に不意に会うっていうのが苦手なんですよね。今はそのときよりも人見知りが軽くなったかな~と思いますけどね! 初めて会う人が多いと緊張して固まっちゃうことはいまだにありますが……。人見知りじゃなくなる日はくるのかな。

 毎回のコラム掲載も緊張するので、まず家族に読んでもらっています。編集者さんにも、もちろんチェックしてもらってますけどね。

 一番に見せるけど、家族に見られるのが一番恥ずかしいです。でもこの恥ずかしさを乗り越えてしまえば、そのあとは誰に見られてもあんまり恥ずかしくない……! 変なこと書いてるわけじゃないけど、なんだか照れるんです。

 ただでさえ恥ずかしいのに、兄にはなぜか毎回音読されます……。
 嫌がらせで伸ばし棒(長音)を異様にのばしたり、妙に溜めて読んだり、寺田心くんのマネをしたり。変に感情を込めながら読むんです。私が口を塞いだり読まれないように妨害しても何の意味もない! 読み終わるまで仕方がないから待つけど、目の前で音読されるのは罰ゲームみたいに恥ずかしい!! 思い返すと私の文章はなんでも音読されてる気がする……学校の作文とかも。

 兄は、文章や文字間違いに敏感なんですよね。知人にも文字間違いがないか見て~って頼まれたりするくらいすぐに気付くんです。だから兄にはチェックしてもらいたいけど、音読される試練を乗り越えないといけなくてツライ! またきっと音読されるんだ……ああもう恥ずかしい。普通にチェックしてほしい!!

 今回の消しゴムハンコは、秋っぽい雰囲気のきりかぶ君です。だんだん寒くなってきたので、キャラクターも秋服を着ています。寒かったからか無意識に長袖にしてただけですけどね!

 街がだんだんとハロウィーンに染まってきてるので、次回はそんな話をしたいなと思ってます! では再来週に。

百世

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

百世(momoyo)

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2017年9月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売予定。
https://www.momoyo-hanko.com/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!