クリトモのさかな道

最近食べたおいしかったもの

  • 文・写真 栗原友
  • 2017年10月11日

 こんにちは。ここのところ10月なのに真夏のような暑さで、なんだか調子狂っちゃいますね。寒暖差が激しくて体がしんどいですが、胃腸だけは元気に活動しております。というわけで、ここ最近私が食べたヒットメニューをご紹介します。

■根津松本さんの筋子

 書籍の帯にも掲載させていただいたこの筋子。世界で一番おいしいと思うんです。塩味や柔らかさ、完全に好み。許されるのなら、炊きたての新米と一緒に半腹くらい食べてしまいたいほど。スーパーに売っているネッチネチのものとは違うので、包丁入れてしまうとまな板がベタベタになってしまいます。手で優しくほぐして大事に大事にいただきました。

根津松本さんの筋子。私が死んだら棺おけにこれ入れてください

■芝エビのかき揚げ

 やっとかき揚げが上手に作れるようになってきました。まだまだ完璧ではないですが、自分の好みのガサガサ感が出せるようになってきたと思います。あとは形成テクニックを勉強したいところです。

 今は芝エビが旬ですね。冷蔵庫にイエローパプリカがあったので、千切りにして一緒にかき揚げにしました。パプリカの甘みと芝エビの甘みと香ばしさ。この組み合わせ、とっても気に入っています。揚げ油は菜種油。芝エビの殻がカリっとなるまで揚げると菜種油のいい香りが生きてきます。

 次の日はニンジンや玉ねぎ、ブロッコリーの芯の細切りを入れたかき揚げを作りました。連日揚げ物でももたれないのは、いい油を使っているからなのかもしれませんね。

かき揚げは形成が非常に難しい

■うなぎのサンドイッチ

 大阪出張の際に訪れたレストランのシェフが、私が大阪らしいものを食べたがっているのを知ってわざわざ作ってくださったのがこのサンドイッチ。「大阪の人はなんでもパンに挟むから」と冗談交じりで出してくださいました。中に入っていたのはまさかのうなぎ! サンショウの粉をつけながら食べるこのサンド、驚きと感動が詰まっていました。一緒に何が塗ってあったのか、素材の究明をする前にペロリと平らげてしまって残念なわたし……。

うなぎのサンドイッチ。一緒に塗ってあったのはバターかなあ、クリームチーズだったかなあ

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗原友(くりはら・とも)料理家

写真

東京都出身。趣味の旅行や留学中に出会った外国の味を、日本でも簡単にアレンジできるレシピを紹介すると共に、旅と食の楽しさを様々なターゲットに向けて提案している。2012年から4年間、築地の斉藤水産で修行。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や魚を用いた食育に力を入れている。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。http://kuritomo.co.jp/

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!