きんゆう女子。お金の学校

<17>年金って何だろう?

  • 鈴木万梨子
  • 2017年11月9日

 こんにちは!きんゆう女子。のまりこです。

 私、先日32歳になりました。お金のことを考えるようになって1年半。仕事はリスクをとって挑戦しているのですが、自分のお金に関するアクションという意味では、私は時間がかかるほうかなと思います。「きんゆう女子。」のメンバーの中でも、むしろ遅いほうかもしれません。でも少しずつですが、自分はどういう資産をどのように作っていけばいいのか、それを考える軸ができてきたように思います。金融の単語や独特の言い回しにも、耳が慣れてきました。

 そんな誕生月に届いたはがき、「ねんきん定期便」。今まではなんとなく取っておいただけなのですが、今回はしっかり隅々まで目を通してみました。今回のテーマは「年金」です。

 はがきには、これまで年金を納めた期間や金額、さらには「ねんきんネット」というウェブサイトへのログイン方法やアクセスキーも書かれていました。

「ねんきんネット」:https://www.nenkin.go.jp/n_net/

  

 早速、ログインしてみます。生年月日や基礎年金番号などの情報、さらには年金支払い履歴の一覧や、将来の年金見込金額を見ることができます。「追納・後納等可能月数」といって、学生のときなど支払いを延期していた分も一目でわかります。

 私は学生時代に10カ月ほどフランスでインターンをしていました。そのとき申請をして在学中の保険料納付を延期していたことがわかりました。今ではもう完全に忘れてしまっていたのですが……。

 また29歳の時、独立を目指して当時勤めていた会社を退職し、その後3カ月ほどどの会社にも属していない時期がありました。その分が「年金納付漏れ」になっていることもわかりました。

 これらの支払いを猶予した年金は、10年以内であれば追加で支払いできるそうです。10年を超えると、その分の年金が減ることになります。年金は将来のための貯金に近いものなので、減るというより「ない」という表現が正しいかもしれません。

まりこ:ちなみにみんな「ねんきんネット」登録している?

メンバー:え、なにそれ?知らない!!(すぐ検索)

メンバー:知っているけど、登録してない~!

メンバー:なにかお得のなるのかな??

まりこ:意外とみんな知らないのね! iDeCoやつみたてNISAは資産形成のためだと、女子会のゲストの方々が教えてくれるけれど、そもそも資産形成の基本は「年金」。これについて、まず自分の状況を知ることから始めたいですね。

  

 ちなみに私がこれまでに納めた総額は約300万円でした。こんなに払っていたのかぁ!と少しびっくりしました。解約して現金にすることはすぐにできないけど、自分の大きな資産なんだなと感じました。

 この「ねんきんネット」では、将来受け取る見込みの年金額をシミュレーションすることもできます。かんたんに試算できるものと、質問に答えて詳しく試算するものがあります。

 自営業で、今の収入を30万円、60歳から年金をもらう想定で計算してみました。すると年金の支払額は「1カ月:7万円」と出ます。今は1年で30万円ほど納めているので、あと30年。ということは、すでに納めた額と合わせて約1200万円が、年金として納める総額になるということですね。となると、7万円×12カ月で1年に84万、つまり74歳までは自分の納めた年金を受け取れるという計算になります。

  

 74歳になった自分なんて全く想像がつかないので、なんだか不思議な気持ちになりました。今まで年金について漠然とした不安がありましたが、このように「見える化」することで、少しはその不安も解消されるように思いました。ただ、不安自体が解決するわけではないので、ここからは自分でアクションして、初めて前向きに老後のお金を考えることができると思います。年金を考えることで、いろいろなお金のこと、自分の人生のことを考えるきっかけにつながりました。

 次回のテーマはiDeCo。誰かにおまかせではなく、自分自身でどういう未来をイメージしていけるのか、を考えたいと思います。

    ◇

 「きんゆう女子。お金の学校」は、お金のことワカラナイ女子のためのコミュニティー「きんゆう女子。」の代表・鈴木万梨子さんが、お金や経済にまつわるキーワードについて、その意味や、私たちに実際どう関係してくるのかを解説する連載です。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

鈴木万梨子(すずき・まりこ)TOE THE LINE Inc. 代表取締役社長

写真

獨協大学外国語学部フランス語学科卒。新卒でH.I.S.に入社し、法人営業として団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当し、海外を中心に約8千人にツアーを提供。起業を目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。金融業界に入ったことでお金の知識のなさに衝撃を受け、「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月に起業し、Webサイト立ち上げ本格的に「きんゆう女子。」をスタートさせる。旅と服をコーディネート・手配するサービス「FIT the Local」を企画準備中。https://kinyu-joshi.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!