クリトモのさかな道

お気に入りのスーパーで旬を楽しむ

  • 文・写真 栗原友
  • 2017年11月14日

わかさぎ、今の時期安くていいよね!

 私にはお気に入りのスーパーマーケットがあります。「オオゼキ」です。今の家に引っ越してきてうれしかったのが、近所にオオゼキがあること。オオゼキの鮮魚コーナーは本当に素晴らしい。とにかく種類が多く、鮮度がいい。そしてなによりも、旬がわかりやすい。

 とあるスーパーの魚コーナーといえば、冷凍イカ、あさり、サケ、いわし、さんま、あじ、冷凍養殖マグロといった、誰でも知っている魚がメイン。「お、いいね」と言いたくなるようなピチピチの鮮魚なんて扱っていません。でもオオゼキは違う。急な来客にも対応できる、高級魚から、旬だけに安くなっているお得パックまで、本当に種類が豊富。築地に行かずとも、いいもの近所で買えちゃいます。ラッキー!

揚げ油汚れてたのでちょっと残念

 というわけで、今回私が買っておいしかったものをご紹介します。まずは「わかさぎ」。うちの娘がこのくらいの小さな魚の天ぷらが好きなんです。頭からまるごとむさぼるように食べてくれて、作りがいがあります。身がふわふわしていて、あげると骨も柔らかく食べやすい。塩をつけていただきました。それでもまだまだ余っていたので、別の料理に。

冷蔵庫に余っていたもので南蛮漬け

 塩をしてから小麦粉をつけて素揚げ。そして冷蔵庫で干からびる寸前のオクラを発見。干からびた上の部分はカットし、それも素揚げに。酢、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ合わせておき、そこへ熱々のワカサギとオクラをじゅわっと投入。

一晩経って、いい感じ

 その上にスライスした玉ねぎ(今回は使いかけの赤玉ねぎを使用)とセロリを乗せて、汁をスプーンですくって上から繰り返しかけます。粗熱が取れたら冷蔵庫で寝かせて一晩。とーってもおいしい南蛮漬けができました。

旬の魚ってどうやって食べてもおいしい

 もう一品。今カツオが安いですね。先日テレビで日本一のカツオ漁船の船長さんが一番好きなカツオの食べ方を見て、これはまねしなきゃということで早速試してみました。それは、すりおろしのにんにく、しょうゆ、マヨネーズをまぜたソース。えー、マヨネーズ? 刺し身に気持ち悪い! って思う人もいるかもしれませんね。でもこれ、本当においしい。家で酒が進む! 

[PR]

 いいスーパーが近くにあると、食生活が豊かになりますね! 行くのが楽しみなお店っていいものですね。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗原友(くりはら・とも)料理家

写真

東京都出身。趣味の旅行や留学中に出会った外国の味を、日本でも簡単にアレンジできるレシピを紹介すると共に、旅と食の楽しさを様々なターゲットに向けて提案している。2012年から4年間、築地の斉藤水産で修行。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や魚を用いた食育に力を入れている。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。http://kuritomo.co.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!