よなよなハンコ

髪を43cm切って、ヘアドネーションしました!

  • 文と絵 百世
  • 2017年12月7日

 12月になりましたね! 最近、腰まであった髪をあご辺りまでバッサリと切りました。43cmも切った! 3年くらい伸ばしていて、そろそろ短くしようかなって考えてたときに、"ヘアドネーション"という言葉を思い出し、この気持ちが揺らぐ前に切っちゃおう!と当日予約で美容院に行ってきました。

 2年ほど前に知人に「髪切るときはヘアドネーションしてね~」と言われ、なんのことだか全然知らなくて聞いたら、病気や事故で髪を失った子供たちに、寄付で集めた髪で人毛の医療用ウィッグを作って提供する活動だよと教えてもらいました。
 長く伸ばしてた髪の毛が誰かの役に立つなら、髪を短くするときに絶対やろう! と思っていたのです。

 ヘアカットに入る前に、4つくらいに髪を分けてゴムで結んでそれを切るだけ! ヘアドネーションカットをしてくれる美容院に行けば、切った髪の毛をNPO法人に送ってもらえるので、何の手間も掛からずにあっという間に寄付できました!
 31cm以上長さが必要だったりと、注意点もあるので気になったら検索してみてください~。

 今回は思い立って即行動できましたが、美容院に行くのってなんだか面倒くさくって、つい先延ばしにしちゃいます。行っちゃえばなんでもないけど、行くことを決めるまでの腰がとても重い……。
 自分で髪の毛カットできたら最高なのにー! といつも思うけど、中学生のとき自分でカットして学校に行ったら同級生に心配されたことがあって、あ~髪の毛って素人が手を出しちゃいけないんだな。と深く思ったことがありました。

 今も前髪は自分で切ってるけど、失敗してる! とよく兄に言われたり。小さい頃は、母に前髪を切ってもらってたなー。いつも短く切られすぎちゃうのが嫌だったけど、ゴミ箱を抱えながら前髪切ってもらう時間が好きでした。日によってゴミが臭かったのもなんだかいい思い出になってたり……!
 そういえば前回話したアサミさんや父はいつも自分で切ってたな。なんか変な髪型になってるな~って思うときもあるけど、それでも似合って見えてくるから不思議。で成功してるときもあるからまた不思議! 長年切ってればうまくなるのかなー?

 うまくなるなら自分でも全部切りたくなってきちゃうけど、プロの技はやっぱりすごくて、髪が生き返った感じがしたので、重い腰をあげて美容院にちゃんと通おうと思ったのでした。

 今回の消しゴムハンコは「12月の白鳥」です。カレンダーを作りたかったけど、今年はもう無理だ! と諦めたので、来年こそは……!! 自分用にでもいいから作りたいな。

 次回は、今年の締めのよなよなハンコ! さて何を書こうかな~。

百世

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2017年9月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売予定。
https://www.momoyo-hanko.com/

今、あなたにオススメ

Pickup!