よなよなハンコ

大みそかとお正月、兄と私の恒例行事

  • 文と絵 百世
  • 2018年1月11日

  

 あけましておめでとうございます!!
 2018年になりましたね~。年末から年明けまであっという間でした。

 大みそかは大掃除をして、年越しそばを食べて、0時ちょうどにジャンプ! 毎年兄と私の恒例行事! 母は起きてられないことが多くていつも不参加ですが、今年は起きてた! というか無理やり起こして強制的にジャンプしてもらいました。 「うるさい~!」という今年初めての叱りも、年明け5秒くらいで受けましたよ……あはは。

 お正月は特にどこも行かず、テレビ観たりうたた寝したりしてましたね。だらだらするの最高! あとやっぱりおせちとお雑煮がおいしかった~。お雑煮が身体中に染みわたった気がする。これで1年間ちゃんと生きていけるな!

 毎年疑問なのが、私がお餅を焼く係にいつの間にかなっていること。お餅を焼く時間になると起こされ、早くお餅焼いて! と急かされ、三が日は起きて即お餅を焼いてました。なんで私なんだろうか……? まあ、お餅好きだからいいけどっ。

 先日、新年のUNO大会を知人たち10人くらいで集まってやってきました! 10人でやるUNOって恐ろしいけど、先が読めなくてすごく面白いー! 中毒みたいに8時間くらいやってましたね~。いつも終電ギリギリまでやってる。やりすぎ! でも楽しくて抜け出せないんだよなあ。私は負けてばっかりだったな~、兄が異様に勝ってて納得いかなかったー!! 白い顔して余裕な表情にイライラしたなー! ムキー! なんてね。

 今回の消しゴムハンコは、2018年の年賀状です! わんこ!
 消しゴムハンコを始めてから家族の年賀状は毎年私が作るのですが、その前までは兄と私の写真を父が撮って、それを年賀状にしてました。

 赤ちゃんから中学生までは特になんの疑問もなく撮られてたけど、高校生のときは嫌でしょうがなくて、たいして可愛くもない顔写真送ってどうすんだろ。って思ってましたね。でも今は人から来た年賀状に子供の写真が付いてると、ほっこりしちゃいます。子供の写真を付ける意味がなんだかわかってきました。思春期は恥ずかしすぎたけど、今見返すと面白いし、懐かしいから良かったのかも……!

 よなよなハンコの10回目が新年1発目でなんだか嬉しい今回でした。
 今年もたくさん作品を作り、アイデアも、彫るのも、摺(す)るのも、上達していきたいです! そしてたくさんの人たちに作品を観てもらえるように頑張りますっ!
 2018年もみなさんどうぞ宜しくお願い致します!!

百世

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2017年9月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売予定。
https://www.momoyo-hanko.com/

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns