TOKYOワインバル・クルージング

新感覚の創作天ぷらと十割蕎麦を味わう

  • 東京都渋谷区恵比寿1丁目:エビス フライ バル
  • 2018年1月12日

「スモークチーズと淡路玉ねぎ」(580円)、蕎麦の実をあられ風にトッピングした「ささみの天ぷら」(680円)などの天ぷらには、『ロバート・モンタヴィ ツインオークス シャルドネ 2015年』(ロバート・モンタヴィ/ボトル3800円)を。衣の香ばしさに豊かな酸と果実味が合う

  • 『ドメーヌ・カーネロス ブリュット・ヴィンテージ2011年』(ドメーヌ・カーネロス/ボトル6800円)は、天ぷらから蕎麦まで通しで楽しめる。「色とりどりのパクチーサラダ蕎麦」( 950円)は、蕎麦だしにオリーブオイルと自家製レモン、隠し味にナンプラーを加えた一品。さっぱりした味が魅力

  • ボトルワインは、白・赤・スパークリングワインすべて5種類ずつ用意。『カレラ セントラル・コースト シャルドネ2014年』(カレラ/ボトル6500円)〈一番右〉は、余韻に感じるミネラルが天ぷらの油っこさを流してくれる

  • 「NYに出店するなら」とイメージしてつくられた店内。ワインのほか、日本発のクラフトビール『アウグスビール』や、兵庫県の日本酒も充実している

[PR]

エビス フライ バル

 創作天ぷらは煮穴子と有馬山椒、タイとオクラなど、食材の組み合わせがユニークだ。新感覚の食感と味わいに箸が進む。

 自慢の蕎麦は、小麦粉などのつなぎを使わず蕎麦粉だけで作った十割蕎麦。秋田県十和田湖産の蕎麦の実を超微細な粉にして作った蕎麦は、ほのかに甘く、つるりといただける喉ごしの良さが特徴だ。

 グルテンフリーの十割蕎麦は、ポリフェノールの一種であるルチンや、ビタミンB1、食物繊維が豊富。栄養価の高い十割蕎麦の魅力を広く伝えるため、同店では和から洋まで多彩な蕎麦メニューを用意している。例えば「ピリ辛ごま豆乳ざる蕎麦」(750円)は甘い風味の十割蕎麦に合わせて、蕎麦だしに豆乳、ラー油、練りごまをブレンド。担々麺風の味わいがくせになる。

 創作天ぷらや蕎麦に合わせて提供するワインは、カリフォルニア産が中心。しっかりした味わいの創作天ぷらや十割蕎麦には、ボリューム感のある白ワインがよく合う。

 天ぷらをつまみにワインをゆっくり楽しみ、最後は蕎麦でしめる。粋な日本人の楽しみを、現代スタイルで味わってみては。

グラスワイン 2種 600円~
ボトルワイン 15種 2800円~

    ◇

エビス フライ バル
住所:東京都渋谷区恵比寿1-26-13 新橋ぼくみつマンション1F
TOKYOワインバル・紹介店舗マップはこちら
TEL:03-3280-8739
営業時間:11:00~ 14:30 、18:00~24:00
定休日:日曜日(日曜が祝日の場合、翌月曜が休み)
交通:恵比寿駅より徒歩8分

今号は、揚げ物バル特集

『ワイン王国』102号(12月7日発売)のTOKYO ワインバル・クルージングでは、「揚げ物バル」を特集します。やめられない、止まらない。カロリーは少し気になるものの、私たちの心を掴んで離さない背徳の料理「揚げ物」。天ぷらや串揚げ、フライなどバリエーションも豊富です。そんな揚げ物と美味しいワインを提供してくれる「揚げ物バル」を紹介します。

■この記事は、『ワイン王国』1月号(No.102)に掲載されています。

ワイン王国

Copyright(c)ワイン王国 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!