東京の台所

<トークイベント開催>祝! 連載5周年・大平一枝さんと語る「東京の台所」

  • &w編集部
  • 2018年1月24日
  • 大平一枝さん

[PR]

 朝日新聞デジタル「&w」の人気連載「東京の台所」、ファンミーティング開催!

 2013年1月、「&w」の開始とともにスタートした連載「東京の台所」は、おかげさまで5周年を迎えました。すでに本連載から書籍2冊を生み出した大平一枝さんが、この5年で取材した160軒の台所をふり返りながら、心に残った台所とその住人の物語、すぐに使える収納術や驚きの調味料、そして取材に欠かせない七つ道具まで、この日にしか聞けない、“ここだけの話”を2時間、スライド付きで語りつくします。

 場所は移転間もない下北沢のB&B。台所好きの皆さま、食べること好きの皆さま、片付けについて考えたい皆さま、そして大平節を愛する皆さま、ぜひぜひご参加下さいませ。

 合わせて、読者が選ぶ「東京の台所」、大平さんに聞いてみたいこと、伝えたいこと、これまでのご感想もお待ちしております。結果はイベント内で発表、ご質問に大平さんがお答えします。

日時:2回開催~内容は同じ予定です
第1回 2月17日(土) 14時~16時(完売しました)
第2回 2月23日(金) 20時~22時

場所下北沢B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
http://bookandbeer.com/news/reopen/

構成:取材160軒の舞台裏から

1)私が影響を受けた台所5
2)収納アイデア10
3)究極の断捨離空間ベスト5
4)ものにあふれて、ものと暮らす なぜかカオスが気持ちいい
5)「切らしたら困るもの」で、思わず私も買ってしまったものベスト10
6)密着! 取材現場と七つ道具を初公開!
7)忘れられない台所、三つの奇跡、その後の台所物語
8)なぜ、台所を訪ねるのか?
9)なぜ、台所から人生が見えるのか? 

おまけ1)私の惚れる美しい台所が登場する映画
おまけ2)質問コーナー「あの台所って……?」「読者の好きな台所」

入場料:チケット1500円+ドリンク500円=2000円

(2月17日は完売しました)
>>2月23日の詳細・お申し込みはこちら

>>大平さんへのご質問、メッセージ、「東京の台所」のご感想はこちら

>>大平さんの新刊を15名の方にプレゼント

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

大平一枝(おおだいら・かずえ)

写真

長野県生まれ。失われつつあるが失ってはいけないもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書に『東京の台所』『男と女の台所』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『届かなかった手紙』(角川書店)、『あの人の宝物』『紙さまの話~紙とヒトをつなぐひそやかな物語』(誠文堂新光社)、 『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)、『日曜日のアイデア帖~ちょっと昔の暮らしで楽しむ12か月』(ワニブックス)、『かみさま』(ポプラ社)ほか。最新刊は『昭和式もめない会話帖』(中央公論新社)。HP「暮らしの柄」 ■レンズ協力:SIGMA ART|18-35mm F1.8 DC HSM、SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM

今、あなたにオススメ

Pickup!