店で

スカートで春満喫

  • 文・飯塚りえ
  • 2018年4月6日

アトレ恵比寿「ロペ」

 アトレ恵比寿「ロペ」では、日本のデザイナーブランド「ニアーニッポン」のスカートに目がとまる。アシンメトリーなストライプや鮮やかな色使いは「難しそう」と思いがちだが、実は黒、白といった基本的な色と相性がよい。光沢感もあって、この一着でぐっとオシャレになる。表地はポリエステルが中心なので軽く、手入れも楽。主役になるスカートだ。3万6720円。

ハウント

 代官山「ハウント」では、日本のデニムブランド「レッドカード」のスカートを手にした。ビンテージのような色落ちやダメージにこだわって、表情に雰囲気がある。定番のアイテムだけに、ていねいな作りが物を言う。ストレッチもきいていて着ていてストレスがない。共布のサッシュベルトの巻き方を工夫すれば、いろいろな着こなしが楽しめそう。2万2680円。

スタニングルアー

 東京・南青山「スタニングルアー」では、エレガントなエスカルゴスカートを選ぶ。らせん状の切り替え、さらにフリルを入れたイレギュラーなシルエットでぐっとモードな印象に仕上がった。腰回りから緩やかに広がるパターンで体のラインを拾いすぎない。ジャージーで伸縮性があり、スポーティーな素材を女性らしく着こなしたいときにぴったりの一着。1万9440円。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

飯塚りえ(ゴロゾーマシーン)(いいづか・りえ)編集者・ライター

ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。

今、あなたにオススメ

Pickup!