シシド・カフカさんが語る「年齢で可能性を諦めない生き方」[PR]

  • 2018年5月11日

  

 多くの女性たちが感じている年齢へのプレッシャー。そこから自らを解放し、一歩を踏み出すきっかけを作りたいという思いから始まったSK-Ⅱの「♯期限なんてない」のキャンペーン。2017年夏に世界同時公開した動画はすでに1億回以上の再生を記録。今年3月から「&w」でも配信した日本限定の特別動画公開でも、「勇気をもらえた」「年齢にとらわれず、自分のペースで決めていきたい」など、多くの方からポジティブな反響がありました。

【動画】「期限なんてない」~シシド・カフカ~:SK-II #changedestiny

 そして5月11日(金)、本キャンペーンの理念に共感した4名、近藤千尋さん、シシド・カフカさん、スプツニ子!さん、マドモアゼル・ユリアさんのリアルボイスを収めたインタビュー動画が同時公開! この動画は、「♯期限なんてない」のメッセージ“自分の信じた道を進む上で、誰かに決められた期限なんてない”が彼女たちのリアルな経験を通して語られる、とてもメッセージ性の強い内容です。

 ここではその中の一人、ミュージシャンのシシド・カフカさんの動画を紹介します。

あなたはどう? 誰かの声じゃない、改めて自分の意志を確認しよう!

 この動画で、シシド・カフカさんは年齢に関して感じてきたこと、30歳を過ぎてどう自分自身がありたいかをストレートに語っています。

  

 あなた自身はどうでしょう。例えば、「30歳とか、40歳という節目が近づくにつれて漠然と、ちゃんとしなくちゃと思ってしまう」「家族から交際相手やパートナーについて聞かれると、暗に結婚しろと言われている気がしてしまう」など、誰かに言われたわけでもないのに、不安や焦りなどのプレッシャーを感じてしまっていることはありませんか。

 シシドさんは動画の中でこんなことを話しています。「自分自身が成長していくとか、何か物事を進めていくということに関しては、リミットは感じてないですかね。その時その時で、自分でちゃんと選択できればいいと思うんで、その選択肢を自分で狭めないように、物事に反応できるだけの自分自身を保っていきたいと思いますね」

 

 デビューまで5年、デビューして5年。誰かの声や目に見えないプレッシャーなど気にせず、常に前だけを見つめ、自らの夢を追いかけてきたシシドさんの言葉を胸に刻みつつ、自分はどうありたいか、これからどう生きたいのか、あなた自身の意思を改めて確認してみませんか。

シシドさんのクールなメッセージには自信をなくした時に必要な、熱い言葉が詰まっている!

 動画のラスト、シシドさんは「(やりたいことを)言っちゃえばいいんじゃないですかね。言ってしまってやらざるを得ないっていう環境を作って、自分のおしりをたたく。私よくやるんです」と話しています。そして、「有言実行できないの、格好悪いじゃないですか」と。

  

 ミュージシャンとして、女優として華々しく活躍するシシドさんですが、20歳、25歳で年齢の壁を感じ、夢への扉が閉ざされているかのように感じたこともあったといいます。しかし、28歳あたりから年齢などどうでも良くなり、人の声も気にしなくなったら、もっと充実した日々を送れるようになったことはもちろん、常に目指す方向に向かって全力投球してきたそう。そして、30歳を過ぎた今、さらに“楽しいこと”に最大限反応し、変化を求めて生きています。

  

 彼女の動画メッセージには、自信をなくした時に必要な熱い言葉がいっぱい詰まっています。さあ、あなたもシシドさんのように、見えないプレッシャーに負けず、有言実行で自分の人生を切り拓(ひら)いていきませんか。あなたの信じる道を進む時、何かを始めたいと思った時、年齢に期限なんてないのです。世間の意見に惑わされず、自分の意思で自分の未来を決めていく。そんな生き方こそがあなたを輝かせてくれます。

 勇気を持って、自ら運命を変えていくため、この春から反響を呼んでいる動画もぜひ見てみてください。今自分が大切にしたいこと、心からやりたいことを問い直す糸口になるはずです。

【動画】「期限なんてない」:SK-II #changedestiny

 この動画は、女性が誕生してから30歳になるまでの成長の過程と葛藤を追ったショートストーリー。生まれたときから腕に30歳の誕生日がスタンプのように押されているところから物語はスタート。このスタンプは、女性が年齢を重ねることに対して感じているプレッシャーを示唆していますが、世間に惑わされず、自分の意思で生きていこうと決めた瞬間、スタンプは消え、女性たちも吹っ切れた笑顔を取り戻すというところで終わります。

期限なんてない! 「素敵な自分」を更新できる女性を目指そう

 「♯期限なんてない」のキャンペーンメッセージに共感した、様々な年齢・職業・バックグラウンドを持つ著名人、シシド・カフカさん、近藤千尋さん、スプツニ子!さん、マドモアゼル・ユリアさんら4名がこのキャンペーンに参加。彼女たちのリアルボイスを通して『本当に大切だと思うことを信じて前へ進めば、運命だって変えられるはず。自分の人生に、誰かに決められた期限なんてない』というメッセージを伝えています。あなたも自分の価値観で、「素敵な自分」を更新して生きてみませんか。きっと、もっと毎日が楽しくなるはずです。

 ◇

他の3名の動画もぜひご覧ください!

近藤千尋さん
「見えない誰かと比べるより、自分自身と戦いたい」

■動画はこちら

  

スプツニ子!さん
「社会も変わらなきゃ。でも、プレッシャーに負けないぞって気持ちを持つのが大事」

■動画はこちら

  

マドモアゼル・ユリアさん
「何歳だからもう遅いなんて、社会の洗脳。こうありたいって自分が思えばいい」

■動画はこちら

  

■SK-Ⅱ公式サイトはこちら

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!