update beauty

パウダーひとはけ、ツヤ肌に

  • 2018年5月11日

(写真右)イッセイミヤケ、(写真左)エトロ=いずれも大原広和氏撮影

 夏が近づき、そろそろ、つるりと軽いジェルタイプやほのかに色づくティントタイプのファンデーション、BBクリームに切り替える時期がやってきた。

 ただ、これらは朝につけた瞬間はトレンドのヌケ感もあって若々しい肌! と思っても、暑い中で動くうちにさっさと落ちてしまう。昼過ぎには年齢を重ねた肌にシミやしわ、くすみや毛穴が露呈して、夕方にはまるで肌細胞一つ一つが元気無く痩せたようで“老け顔注意報”が出る。

 一日中肌をふっくら見せるために、ツヤ肌アイテムをファンデーションの上に重ねることをおすすめしたい。今年はリキッドタイプが多く出ているが、パウダータイプがイチ押し。ひと筆で仕上がるので簡単だし、時間が経っても上からつけられるので初心者でも使いやすい。パウダーをブラシに取り、眉尻の下から頬の高い位置まで目の外周をサッとひとはけするだけ。

 たとえば、グラデーションの粉が肌になじみが良いベアミネラルのインビジブル・グロー。ボビイ・ブラウンのヌード・フィニッシュ・イルミネイティング・パウダーの「ヌード」は、しっとり系で華やかなツヤが出るので会食時などにプラスするといい。ラメのギラギラ感はなく、繊細な輝きが肌を元気に見せる。

[PR]

 2018年春夏コレクションでも、みずみずしい肌仕上げで明るく健康的なメイクが好印象だった。イッセイミヤケは、ヌードカラーのシンプルメイクだが、肌全体にツヤ感があり、イキイキと躍動的。エトロも色みが少ないのに、肌のツヤがメリハリをつけてフレッシュに見えた。目指すは大人の余裕を感じさせるシンプルなメイクと、常にぱんとハリのあるように見えるツヤ肌だ。

(ファッション・ビューティジャーナリスト 松田アヤノ)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

松田アヤノ(まつだ・あやの)ファッション・ビューティジャーナリスト

写真

1971年生まれ。日本版「VOGUE」などを経て、2006年に独立。ファッションとヘアメイクのトレンドを取材している。

今、あなたにオススメ

Pickup!