ファッションニュース

“デキる女”へと導く勝負服!ほんのひと癖でさまになるお仕事スタイル【EDITOR'S PICK】

  • 記事提供:FASHION HEADLINE
  • 2017年6月19日

ほんの“ひと癖”でさまになるお仕事スタイル【EDITOR'S PICK】

  • ほんの“ひと癖”でさまになるお仕事スタイル【EDITOR'S PICK】

  • ブラウス 4万5,000円 (AKANE UTSUNOMIYA/ブランドニュース)

  • スカート3万5,000円 (CLEANA/ブランドニュース)

  • ピアス 3万円(flake/flake)、バッグ 6万5,000円(CARVEN/ブルーベル・ジャパン)、靴 10万2,000円(Manolo Blahnik/ブルーベル・ジャパン)

 ワークシーンにおいて“名刺代わり”ともいえるファション。正統派なスーツスタイルも良いけれど、せっかくなら魅力たっぷりのモードなスタイルで仕事をこなしたいもの。オフィスでも好印象な、ほんのひと癖でさまになるワークスタイルをFASHION HEADLINEがピックアップ。明日こそ、いつものスタイルから“デキる女”になるための着こなしへアップデートして。

 個性派スカートを主役に!大人のワークスタイル

 ●●●

 アカネウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)のヘリンボーンのブラウス。ストンと身体に馴染むとろみブラウスは、丸襟のようなブラックの配色でメリハリと女性らしさをアップ。

 ブラウス 4万5,000円 (AKANE UTSUNOMIYA/ブランドニュース)

 トレンチコートがデザインソースとなったクリーナ(CLEANA)のスカート。タック使いで造形美を描くフロントデザインと、細やかなプリーツを施したバックスタイルが印象的な一着。

 スカート3万5,000円 (CLEANA/ブランドニュース)

 アクセサリーは、大振りのゴールドを耳元に。ブラック×ベージュのスタイリングに選びたいのは深みのあるグリーンのシューズ。スタッズがあしらわせた遊び心あるバッグをアクセントにして。

 ピアス 3万円(flake/flake)、バッグ 6万5,000円(CARVEN/ブルーベル・ジャパン)、靴 10万2,000円(Manolo Blahnik/ブルーベル・ジャパン)

 --staff--

 Photograph : Masashi Akiba

 Styling : Maya Matsushita

[PR]

ファッションヘッドライン

Copyright(c) FASHION HEADLINE, 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!