ファッションニュース

ショー発表後に発売、トム・フォードに聞く

  • 2016年12月2日

写真:1961年、米国生まれ 1961年、米国生まれ

[PR]

ショーから店頭、半年は「不合理」

 トレンドリーダーとしても知られるトム・フォードが9月、秋冬物を発表後にすぐ発売した。顧客優先を考え、悩んだ末の選択だったという。その思いを書面での回答も含めて聞いた。

 ――春に秋冬物を、ではなくて、ジャストシーズンで新作を見せたわけは?

 「私はずっと、膨大な費用とエネルギーをショーに費やし、感動を生み出すことで顧客とつながってきたと思う。ただ、それは店に商品が出る半年も前のことでした。ソーシャルメディアの広がりなどで、消費者は着たいと思うとすぐにその服が欲しいと感じるようになったからです」

 ――これまでの方法だと、コピーされやすいとの問題もありましたね?

 「ランウェーから店頭まで半年もあれば、イメージが拡散してしまうし、コピーも増える」

 ――欧州ブランドの中では、この方法では品質を保てないとの声もあります。

 「品質には全く影響はありません。私は今回、半年以上前にデザインをほぼ終えていて、その時点でこれまでと同様の生産工程に入りました。いま業界は転機を迎えていて、誰も今後の確信はないのでは。ただ、最終的には多分私が取った方法に落ち着くと思う。なぜなら、いまは顧客にとって不合理な状態なのだから」

 ――ファッションへの興味が一般に前より希薄になったと言われています。

 「情熱とは、何かにこだわることで生まれるもの。たとえば、いま25歳なら、自分にとって完璧な1枚のTシャツを探し求めることに情熱を燃やすかも知れない。そして、もし私と同年代だとしたら、完璧なTシャツを30年間追い求め続けているかも知れない。そうした情熱はショーの形態などで変わるものではないと思うのです」

 (編集委員・高橋牧子)

&wの最新情報をチェック


&wの最新情報をチェック

Shopping