ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展

写真

 1950年代からニューヨークで『ハーパーズ・バザー』『エル』『ヴォーグ』のファッション・カメラマンとして活躍、その後80年代に商業写真から退いて世間から姿を消したソール・ライター。以後、忘れられた存在として、自分のためだけに作品を創造する「隠遁生活」へ入っていきます。
 2006年、ソール・ライター83歳の時、隠遁生活の中で撮りためたカラー写真の数々が「発掘」される形でまとめられ、ドイツの出版社から作品集「Early Color」として発売されたことで、忘れられた写真家が日の目を見ることになるのです。

 本展は、カラー写真はもちろん、ファッション写真、モノクロ写真、絵画作品に加え、スケッチブックやカメラなど貴重な資料200点以上により写真家の軌跡をたどります。
 「カラー写真のパイオニア」と称され、ニューヨークが生んだ伝説のカメラマン、ソール・ライターの世界を知ることができる日本初の回顧展となっています。

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2017年4月29日(土・祝)~6月25日(日) Bunkamura ザ・ミュージアム
開館時間: 10:00~18:00 《入場は閉館時間の30分前まで》、毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日: 5月9日(火)、6月6日(火)のみ休館
会場: Bunkamura ザ・ミュージアム
当日料金:一般 1400円 /大学・高校生 1000円 / 中学・小学生700円

■チケットプレゼント
抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
>>ご応募はこちらから
締め切りは5月24日(水)正午まで。 当選結果は、発送をもってかえさせていただきます。
※重複してご応募された場合は、無効とさせていただきます。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]