ジャコメッティ展

写真

■20世紀を代表する彫刻家ジャコメッティの大回顧展
 初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、ジャコメッティの選りすぐりの作品、132点が出品されます。
 スイスに生まれフランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、豊かなバリエーションの彫刻作品を残したことで知られています。
 キュビスムやシュルレアリスムなどに影響を受けたもの、モデルを前にして制作された彫像、わずか数センチの小さな人物像や複数の人物を組み合わせた群像、そして、細長い人物像まで、今回の展覧会では、あらゆる時代の代表作が一堂に会します。また、アトリエの内部やモデルとの制作の様子を表す素描や版画、記録写真を通じて、ジャコメッティの創作の秘密に迫ります。

期 間:2017年6月14日(水)~9月4日(月)
会 場:国立新美術館 企画展示室1E
開館時間:10:00-18:00 ※毎週金曜日、土曜日は20:00まで
休 館 日:毎週火曜日
観 覧 料:1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
[詳細はこちら]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]