安藤忠雄展-挑戦-

写真

ポートレート(撮影:荒木経惟)

■半世紀に及ぶキャリアの集大成、過去最大規模の安藤忠雄展
 元プロボクサーで独学で建築を学んだという異色の経歴で知られる建築家・安藤忠雄は、1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートしました。以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出し、1990年代以降はその活躍の舞台を世界に広げ、アジア・ヨーロッパ・アメリカなど各国で、意欲的な作品を実現させています。
 本展では、安藤建築の原点である、住宅の代表作品を一挙公開。初期の代表作から近年の圧倒的スケールの海外作品まで、100を超える住宅作品のハイライトが紹介されているほか、30年余りに及ぶ「直島プロジェクト」の全体像が、エリア全体の模型と映像とを組み合わせた空間インスタレーションによって俯瞰できる仕掛けとなっています。
 さらに目を見張るのは、1980年代末に大阪の郊外住宅地につくられた光の教会が、原寸大のスケールで野外展示場に再現されていること。暗い堂内に光の十字架が落ちる、象徴的な祈りの空間を体験することができます。
 今回、模型やスケッチ、ドローイングなど総計270点余りの設計資料が展示される空間デザインは、安藤忠雄自身の手によるものです。
 稀代の建築家、安藤忠雄の半世紀に及ぶ挑戦の軌跡と、未来への展望に迫る展覧会の一部をご紹介します。

■国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展-挑戦-
会場:国立新美術館 [東京・六本木] 企画展示室1E + 野外展示場
期間:2017年9月27日(水)~ 12月18日(月)
開館時間:10:00~18:00 金曜日・土曜日は20:00まで
休館日:毎週火曜日
[詳細はこちら]
>>関連記事)安藤忠雄さんインタビュー「語る 人生の贈りもの :1 光は、希望やから。」

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]