イースト・ロンドンのとっておきスポット

写真

 ロンドンで、「いま一番面白い」と注目の東エリア。2000年代以降、アーティストたちが移り住み、おしゃれなレストランやお店、ホテルなどが並ぶように。その中から、特に6つの地域のカフェ、多国籍料理、ギャラリー、セレクトショップ、ミュージアム、雑貨、マーケットまで最新の135軒を紹介したのが『イースト・ロンドン ガイドブック』(DU BOOKS)。
 線路下のパン屋や人気のマーケット、ガーナのチョコレート専門店、ペルーやキューバやジョージアのレストラン、夜はバーに変身するマックの修理店、ビンテージの布をドレスにリメイクするブティック……街をよく知る著者ならではのくわしい説明とライブ感あふれる写真から、にぎわいや勢いが伝わってきます。眺めているだけでも楽しくなる、その一部をご紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    カルロス矢吹

    1985年宮崎県生まれ。作家、(株)フードコマ代表。大学在学中より、グラストンベリーなど海外音楽フェスティバルでスタッフとして働き始める。以降、日本と海外を往復しながら、ライター業やラジオ・TVの構成を開始。コンサート運営、コンピレーション編集、美術展プロデュースなど、アーティストのサポートも行なう。
    著書に『のんびりイビサ』『アムステルダム 芸術の街を歩く』など。

    BOOK

    『イーストロンドン』

    『NEW LONDON イースト・ロンドン ガイドブック』(DU BOOKS)カルロス矢吹

    ロンドン観光の定番は載っていません!
    歴史と伝統の西ロンドンからちょっと東へ足を延ばせば、今もっとも目が離せないヒップなイースト・エリア。歩いているだけで刺激を受ける6つの地域-Shoreditch、Brick Lane、Bethnal Green、Dalston、Hackney Cetntral、Stoke Newingtonのとっておきスポットだけ紹介する最新ガイド、135軒。1998円(税込)


    [PR]