アラールが撮った、ソール・ライターのアトリエ

写真

 春に東京で開催された写真展も話題になったアメリカの写真家、ソール・ライター。そのアトリエを、フランスの写真家、フランソワ・アラールが訪ねて撮った写真展が開催されています。
 ライターがこの世を去って2年後となる2015年に、アラールがイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影しました。ライターの“気配”が随所に漂う、作品の一部をご紹介します。

Saul Leiter by François Halard(フランソワ・アラール展覧会「ソール・ライター」)
日時:2017年10月12日(木)~29日(日) 12:00-20:00
会場:POST
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
Tel: 03-3713-8670
定休日:月曜(祝日の場合は通常営業)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    フランソワ・アラール François Halard

    写真家。1961年フランス生まれ。南仏アルルとNYを拠点に、ロバート・ラウシェンバーグ、サイ・トゥオンブリー、ルイーズ・ブルジョワから、近年ではルイジ・ギッリやリチャード・アヴェドン、ジョン・リチャードソンといったアーティストの自宅や有名建築などを撮影。アメリカ版ヴォーグやヴァニティ・フェア、ニューヨーク・タイムズ、AD(Architectural Digest) やアパルタメント・マガジンなどで活躍し、世界で最も卓越した建築写真家の一人と評価されている。
    http://francoishalard.com

    BOOK

    写真

    Saul Leiter by François Halard(Libraryman)
    フランソワ・アラール

    何もかも失われた後には何が残るのだろうか?
    フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラール(François Halard)の作品集。アメリカ人画家、写真家のソール・ライター(Saul Leiter)が享年89歳で死去してから2年後の2015年、作者はイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを撮影した。ライターの作品は、55年以上暮らしたイーストヴィレッジと深い関係性があり、抽象的でありながら常にソウルフルなモノクロとカラー写真による作品は、まさに当時のストリートシーンの記録である。6800円+税(日本限定版スペシャルエディションもあり。国内流通:twelvebooks)

    [PR]