ムーミンの故郷、北欧の挿絵の世界

写真

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド……北欧の国々に受け継がれてきた神話や民話から、19世紀末、幻想的なアートが次々と生まれました。神々や英雄をはじめ、最もよく知られる「アンデルセン童話」から、日本でも人気の「ムーミン」まで、丁寧に歴史を掘り起こし、その作品たちを集めた『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』。画家たちが作品に込めたエッセンスが、現代の北欧デザインにもそのままつながっていることがわかります。美しさの源にある絵を、海野弘さんの解説と合わせてお楽しみ下さい。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    BOOK

    『北欧の挿絵』

    『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』(パイ インターナショナル)
    海野 弘 解説・監修

    アンデルセンもニルスもムーミンもここから生まれた!
    金髪のお姫様、妖精トロール、バイキングの勇気と真心、明るいユーモア…深い森やみずうみ、フィヨルドなど美しい自然に囲まれて、独自の文化を築き、ゲルマンの伝統が今も根付く北欧の伝説やおとぎ話、挿絵画家を大公開!(2900円+税)


    [PR]