時代はカーヴィー NYファッションウィークの新潮流

写真

 ファッション業界の「やせ過ぎモデル」が問題になるなか、今月米国で開かれたニューヨーク・ファッションウィークの2018春夏コレクションで大きめサイズのファッションが注目を集めました。
 プラスサイズの女性を対象にした西海岸発のブランド「Torrid」が初登場。ふくよかな体型の曲線美を生かしたカーヴィー(Curvy)なファッションを披露しました。「ボディ・アクティビスト」と称して「自分の体に自信を持とう」と訴える人気モデルのアシュリー・グラハムは、大きめサイズのランジェリーブランドのコレクションのほかマイケル・コースのランウェイにも登場。ゴージャスな存在感で観衆を魅了しました。
 細さ=美しさという固定観念にしばられるなんてもったいない。多彩なカーヴィー・モードの登場は、女性の美しさの多様性を再発見するきっかけになりそうです。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

[PR]