日常にある芸術 “文様の美”を追求し続ける老舗「唐長」

写真

現在も「唐紙(からかみ)」を、創業より途絶えることなく作り続ける専門店・唐長(からちょう)。正式な店名は、「唐紙屋長右衛門 唐長」という。江戸時代初期の1624(寛永元)年に京の町に創業し、唐紙を制作し続けている日本で唯一無二の老舗。[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    mixiチェック
    [PR]