カトリック×ファッション メットガラ 2018

写真

 モード界のアカデミー賞の異名をとる「メットガラ」が、米国ニューヨークのメトロポリタン美術館で5月7日(現地時間)に開催されました。METの愛称で親しまれる美術館ファッション部門の年次企画展のオープニングに合わせて開かれるチャリティイベント。米国Vogue誌編集長アナ・ウィンターが厳選した旬のセレブたちが、企画展のテーマに沿った装いで登場するファッションとアートの祭典です。
 今年のテーマは「Heavenly Bodies:ファッションとカトリックの想像力」。キリスト教関連の文物や宗教画のモチーフを大胆に採り入れた個性豊かなファッションが大集結。映画「ワンダーウーマン」や「ブラックパンサー」が提示した”闘う女性”の美しさを感じさせるスタイルも目立ち、#MeToo時代の空気を反映した見応えたっぷりな回となりました。
 華麗なドレスに負けない存在感を示したのが、バラエティ豊かな髪飾り。聖者の頭上に輝く後光のようなアクセサリー、豪華な冠、繊細なベール……。手の込んだ意匠の数々に思わず目を奪われます。さて、あなたが選ぶベストドレッサーは? (文・深津純子)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

[PR]