巨大な妊婦さんのいる風景 「We are here」

写真

 春の公園や海辺、高いビルとビルの間、日が沈む工場地帯、さらに福島や広島……。写真家の馬場磨貴さんは、ある日、ふと見た風景の向こうに「大きな妊婦さんが現れた」といいます。以来、心に留まった風景を撮りはじめ、次第にその関心は妊婦さんにそぐわない風景へとうつっていきます。同時に、募集して集まった妊婦さんを1人1人自宅で撮影。あらかじめ風景の決めていた場所に、悠々とした妊婦さんの姿をあてはめていきます。そうしてできあがったのが、写真集「We are here」。突然現れる巨大な妊婦さんに驚きつつも、力強くあたたかく、のびやかな形を見るうち、気持ちがゆったりと広がってきます。それでいて、どこかはかない妊婦さんたちの姿に、自分も大きな自然の一部だったことを思い出す……。見たことのない風景をお楽しみください。

■刊行記念トークショー
金山貴宏×馬場磨貴×小林美香×姫野希美
「写真に見る、女の生をめぐって」

日時:2017年2月11日(土・祝) 19時~21時(18時半開場)
場所:本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料:1500円+1ドリンクオーダー
>>トークショーのページへ

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    馬場磨貴(うまば・まき)

    東京都生まれ。武蔵野美術大学短期学部油絵科在学中から写真を撮り始める。新聞社の出版写真部に勤務。その後フリーランスに。第33回準太陽賞受賞。2002年 文化庁在外研修生として渡仏。Ecole Nationale Superieure de la Photographie d'Arles に学ぶ。現在、東京を拠点に活動中。著書に「ABSENCE」(蒼穹舎)がある。
    http://www.umabamaki.com/

    BOOK

    We are here

    「We are here」(赤々舎) 馬場磨貴

    写真家 馬場磨貴は、自身のホームページなどで被写体となる妊婦さんを募集し、ヌードのポートレートを撮影してきました。そして、「ある日、街を歩いていてふと空を見上げると、ビルの間から巨大な妊婦さんが現れました。その日から公園や線路の向こう側…いたるところに彼女たちは姿を見せました」(馬場の言葉より)。
    妊婦さんが宿す生命の力や揺らぎが、身のまわりの風景と交わったところに、このシリーズ「We are here」は誕生したのです。4320円(税込み)

    [PR]