考える力と選び取る意志

  • <PR>髙宮敏郎・SAPIX YOZEMI GROUP 共同代表が語る「名門校ブーム」
  • 2016年6月24日

髙宮敏郎・SAPIX YOZEMI GROUP 共同代表/教育学博士

名門校ブームの裏側

 このところ、「名門校ブーム」のようなものが起こっています。主に私立の中高一貫校ということになりますが、全国に名を知られる名門校は、これまで東大や医学部の合格実績といった側面ばかりが注目されてきました。しかし、どうもそれだけじゃないようだ。名門校というのは、長い歴史のなかで独特な価値観に基づく教育を行っており、そのことが実は重要なんだ。有名大学合格者が多いのは、その教育方針にこそ理由があって、結果だけを見ても仕方がないんじゃないか。世の中がそのことに気づき始めたということです。

 背景にあるのは、いい大学からいい会社へという「幸福な人生」の図式が、完全にくずれたこと。今ではどの会社に入れば一生安泰かなんて、誰にもわかりません。もうひとつ、いい大学、いい会社と一直線に上をめざしてきた人は、目標にたどり着いた途端に息切れしてしまうケースが少なくないことです。

新しい入試が求める力

 実は、有名大学に毎年多くの卒業生を送り込む名門校ほど、「何が何でも東大、京大」といった指導をしません。部活動が非常にさかんだったり、高校2年ぐらいまでは「いつ勉強してるの?」といわれるほど学校行事が忙しかったり。しかしそうした体験のなかで培われる、自分で考える力、やり抜く意志、協調性や仲間との絆といったものが、その後の人生を大きく左右することになります。

 2020年を目標に進む大学入試改革は、当初の壮大な目標に比べればややトーンダウンしましたが、いずれにしてもこれからの入試が、知識だけでなく思考力や表現力をはかるものへと変化していくことは間違いありません。そして、そうした基準で人物を見る試験になればなるほど、中学・高校時代に授業以外の充実した時間を多く過ごした生徒のほうが間違いなく有利になります。ガリガリとひとつの目標に向かって進むだけでなく、回り道をしたり、考え直したりする機会が多いことも、名門校の良さだと思います。

人が持てる最大の武器

 私たちSAPIXの教育も、名門校に通ずるところがあります。授業では、講師が一方的に答えを教えてひたすら量をこなすのではなく、時に脱線してうるさいぐらい、子どもたちに自由に発言させます。この意見には一部賛成だ、こっちはここだけ納得できない。授業のなかでそうした思考を繰り返すことで、次第に自分で答えを見つける力が育っていきます。

 どんな教師でも、子どもの人生におけるすべての問題に対して答えを教えることなどできません。できるのは、「答えの見つけ方」を教えることだけです。だからこそ私たちは、子どもにしっかり頭を使わせたい。初めて出会った問題についても、考えて答えを出せる人になってほしいと思います。

 近い将来、人工知能が人の仕事を奪うといわれますが、機械は確率の高い選択肢を挙げることはできても、ある意志や価値観に基づいて決定するということができません。知識や経験を使って考え、意志を持って決定し、そこに責任を持つ。そうした力こそが、これからの時代に人間が持てる最大の武器だと思います。 (談)

>>教育最前線<1>灘中学校・高等学校 記事はこちら
>>教育最前線<2>神戸女学院 記事はこちら

SAPIXは、1989年の創立以来、論理的な思考力と表現力、知識にとらわれない豊かな感性、そして主体的に学ぶ姿勢の育成を教育理念として掲げ、受験指導に携わってまいりました。
SAPIXの公式HPはこちら

&wの最新情報をチェック


&wの最新情報をチェック

Shopping