奥田瑛二、さんまへの不満爆発

  • 2017年2月16日

『ダウンタウンなう』に出演する奥田瑛二 (C)フジテレビ

[PR]

 俳優の奥田瑛二が17日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後10:15)に出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍が、毎回ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う企画「本音でハシゴ酒」コーナーに登場し、かつてプレイボーイとして名を馳せた奥田のヤンチャぶりを振り返る「奥田瑛二伝説」をテーマにトークが展開される。

【写真】ぶっちゃけトークに大盛り上がりのダウンタウン

 奥田は、電車の中づり広告で、当時、小学校低学年であった娘に浮気がバレてしまった経験や、バブルの頃によく銀座で飲み歩いていた時の衝撃的な1ヶ月の飲み代を告白。昔よくやっていたという女子大生らとの合コンについても赤裸々に語り、当時『男女7人夏物語』(TBS・1986年放送)で初共演となった明石家さんまについての秘話も公開。

 最初にオファーを受けた際には、「申し訳ないのですが、自分は俳優なので、芸人さん(明石家さんま)とは仕事をしたくない」と一度は出演を断った奥田を説得するため、プロデューサーがとった手段を明かす。お酒も進んだ奥田は、今だからこそ言える、さんまへの怒りと嫉妬を、手加減なしにぶちまけ、一同は大盛り上がりとなった。

 また、2軒目のゲストには歌手・青山テルマが登場。当時は楽曲のイメージもあり、猫をかぶっていたということで、番組では親友のタレント・木下優樹菜や、母親からの証言をもとに、青山の本性を暴いていく。

オリコン

Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

&wの最新情報をチェック


&wの最新情報をチェック

Shopping