ジミー大西、自身演じた中尾に天然

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2017年3月21日
  • (左から)ジミー大西、中尾明慶 (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     タレントで画家のジミー大西(53)が21日、東京・吉本興業で行われた『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』概要発表会見に出席。自身の半生を明石家さんま(61)の企画で映像化した特別上映作品『Jimmy~アホみたいなホンマな話~』で、自身を演じた中尾明慶(28)と対面したジミーは「僕よりうまい。ジミーは中尾さんの方がうまい」と天然発言を連発した。

    【動画】ジミー大西、天然炸裂の爆笑会見「放送できないところも…」

     同作品はNetflixで今夏配信予定で、ジミーを中尾、さんまを小出恵介(33)が演じている。司会を務めたガレッジセールのゴリから「自分が100%だとしたら、中尾さんは何%でしたか?」と聞かれると「1000%」と即答。

     その後、同作の見どころを聞かれるも「見どころがわからないんです」と告白。さんまから台本や作品を見ないように言われているといい、「きのう、きょう会見があるからおいでって電話があった。本社に来たら何かしら誘導してくれるからって…」と裏側を暴露。ゴリは「これがジミーさん。この会見だけでもドラマが楽しみになりました」とまとめていた。

     今年で9回目を迎える同映画祭は、那覇市、北谷町、宜野湾市などで4月20~23日まで開催。宮古島市、石垣市と離島も開催場所となり、「ラフ&ピース」のコンセプトに沿った28作品(3月21日時点)を上映する。

     会見には、特別上映作品『ワレワレハワラワレタイ』より木村祐一、TV DIRECTOR'S MOVIE『お前はまだグンマを知らない』(7月22日公開)より間宮祥太朗、『N.Y.マックスマン』より稲葉友、地域発信型映画『豆腐の角に頭ぶつけて生きる~#TANAGURA~』より川村ゆきえ、『耳かきランデブー』よりしずる、ステージイベントより吉木千沙都、岡崎朋美、天竺鼠、尼神インター、ゆりやんレトリィバァ、ミキ、男と女が出席。司会はガレッジセールと木佐彩子が務めた。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ(PR)