小林幸子、夫の受勲に喜び「幸せ」

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2017年4月29日
  • 『ニコニコ超会議2017』内『超・超人祭り』に参加した(左から)青木愛、小林幸子、篠原信一、古木克明 (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     演歌歌手の小林幸子が29日、千葉・幕張メッセで開催中の『ニコニコ超会議2017』内『超・超人祭り』に参加。先日、小林の夫の林明男氏が、オーストリア・ウィーン市から合唱を通じた交流の功績が認められ『ウィーン市 金の功労勲章』が授与されることが発表されており、「本当にありがたいです」と感激しきり。「授賞式が5月2日なのでその後に(お祝いしたい)」としながらも「お陰様でとっても幸せです」と満面の笑みを浮かべていた。

    【動画】小林幸子、真っピンクの柔道着で篠原信一と対決

     同イベントでは演歌界の“超人”である小林と柔道家の“超人”篠原信一、シンクロ元日本代表の青木愛、元プロ野球選手の古木克明らがバーチャルリアリティの対戦システム『HADO』にチャレンジ。同性ペアで対戦したが、古木の裏切りであっさり小林チームに敗れた篠原は「必ずラスボスを倒したい」と悔しさをにじませた。小林は「いつでもいらっしゃい」と余裕たっぷりに応じていた。

     この日のために制作したという真っピンクの柔道着で登場した小林は「シノさん(篠原)は着れない色」と胸を張り、篠原は「幸子さんが着ると道着というよりドレスみたい」とド派手衣装に驚き。始球式やプロレスなど同イベントでは毎年、さまざまなチャレンジで話題を提供してきた小林だが「来年もびっくりすることに挑戦したい」と意気込んでいた。

     すっかり“ラスボス”の名が定着してきた小林だが「一応、演歌歌手でございますので…でもボカロ曲もこれからもやっていきたい」と意欲。「小学生の子が『ラスボスかっけ~』と言ってくれてるみたいなのでうれしい。最近はステージでもお客さんにラスボスコールがあったり、(“ラスボス”呼びに)慣れてきました」とうれしげに明かしていた。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ(PR)

    Pickup!