藤原竜也『世にも奇妙』初出演

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2017年10月7日
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「夜の声」に主演する藤原竜也 (C)フジテレビ

  • [PR]

     俳優の藤原竜也が14日放送のフジテレビ系特別番組『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』(後9:00)で同シリーズに初出演を果たすことが明らかになった。漫画家・手塚治虫原作の知られざる名作「夜の声」に挑戦する。

    【場面カット】藤原竜也の相手役を演じる飯豊まりえ

     藤原演じる大手IT企業のCEO・我堀英一は、容赦なく社員の首を切る冷徹な経営者。そんな我堀は週末になるとホームレスとしてダンボールハウスに住むという奇妙なストレス解消法を実践していた。ある日、ユリと名乗る女性(飯豊まりえ)が男たちに追われ我堀のダンボールハウスに逃げ込んできたことから、そこに住み着いてしまい、我堀はユリの世話を焼くように。2人は互いに引かれ合い、我堀はCEOという自身の肩書を隠してユリに自分の会社の入社試験を受けるよう勧める。やがて我堀は会社に入社してきたユリに正体を描くにしたままプロポーズするのだが…。

     藤原は今作の役どころについて「勝ち組の葛藤じゃないですが、違う世界に強いあこがれがあって、普段の生活を遮断して違う新たな自分を出したい、見つけたい、という無い物ねだりの主人公です」と紹介。その上で「心にぽっかり開いた穴に気付いていて、自分の中で納得できない何かがあり、違う生活を追いかけています。そんな人間の破滅する姿が手塚治虫さんならではのうまい心理描写で描かれていると思います」と魅力を語った。

     また、「今回の作品は、手塚治虫さんの昔の漫画が原作ですが、今改めて『世にも奇妙な物語』の企画でよみがえらせることは大事だと思います。僕自身も日々たのしく撮影させてもらっています。手塚治虫さんならではの物語で、脚本もすごくおもしろいです。何も考えずに楽しく見てもらえる作品になっているとうれしいですね」と作品の見どころを伝えている。

     そのほか、同日放送される短編作品の主演キャストも決定。ポニーテールの似合う女子大生が恋に翻弄されるストーリー「ポニーテール」に元乃木坂46の深川麻衣、スマホの画像アプリで遊んでいた高校生たちを主人公にした「交換」にSexy Zoneの松島聡が出演する。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ(PR)

    Pickup!