JUMP知念侑李、透明人間役に苦戦

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2017年10月7日
  • フジテレビ系『いただきハイジャンプ』で知念侑李が自身初の“透明人間役”に挑戦 (C)フジテレビ

  • [PR]

     人気グループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李と山田涼介が、14日放送のフジテレビ系『いただきハイジャンプ』(毎週土曜 後2:00)で新企画『透明JUMP』に挑戦することがわかった。今秋、深夜から土曜昼に引っ越して2回目、知念がある子どもにしか見えない透明人間として現れ、一緒に苦手を克服していくという企画にチャレンジする。

    【画像】新企画「透明JUMP」がスタート

     透明人間に扮する知念はケイトくんという7歳の男の子の前に現れ、「1人でトイレに行けない」という悩みを一緒に解決しようとする。お化けが怖いというケイトくんは夜になると、トイレどころか歯ブラシを取りに行くことすらお母さんと一緒でないとできないそう。番組ではトイレまでの距離がたっぷりとある旅館を用意し、そこにケイトくん一家が泊まりに来るのだが、Hey! Say! JUMPのメンバーは見えていないという芝居をうってもらい、“透明JUMP”は子どもにしか見えていないという世界を完璧に作っていく。

     もちろん透明人間は初挑戦の知念は「今までにないくらいに不安だった」と心配だったことを告白。律儀で礼儀正しくも人見知り、メンバー1の“愛されキャラ”である知念が果たしてケイトくんから透明人間と信じられ、なおかつケイトくんと心を通わし、苦手を克服させることができるのか。

     そしてそんな知念をフォローするために、「俺もチャッキーを見た後にトイレに行けなくなったのよ」とどこかケイトくんに共感を抱く山田は、ケイトくんが幼い頃にしか会っていない親戚役として登場。数々のドラマや映画で主演級も務める山田だが、ただの親戚のお兄ちゃん姿に、他のメンバーからは「こんなかっこいい親戚いないよ!」とツッコミが入る場面も。しかしそこは持ち前の演技力ですっかりケイトくんの家族に溶け込んでいく。

     チーフプロデューサー・三浦淳氏は枠移動以前から名物コーナーであった苦手克服企画をパワーアップするにあたり、「これまで嫌いな食べ物や妖精に扮(ふん)したりしてもらいましたが、今回挑戦してもらったのは透明人間に扮したイマジナリーフレンドというキャラクターです。その人だけの空想上の友達で、その存在が時に勇気をくれることがある、というイマジナリーフレンドがHey! Say! JUMPだったら…というところから透明JUMPという企画ができました」と説明。「透明人間として振る舞うというムチャぶりにより、全く予想していなかった見どころ満載の収録となりました。ぜひご期待ください!」と自信を込めている。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ(PR)

    Pickup!