卓球・福原愛選手が第1子出産

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2017年10月13日
  • 第1子出産を報告した福原愛選手 (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     昨年9月、卓球男子・江宏傑(こう・こうけつ/28)選手と結婚したリオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手(28)が、第1子となる2995グラムの女児を出産した。13日自身のブログで報告した。

    【写真】愛ちゃん&江宏傑選手 結婚会見でのラブラブ2ショット

     「ママになりました」の書き出しで福原選手は「今朝、2995gの女の子を出産しました」と報告。「陣痛を感じてから4日目にようやく赤ちゃんに会えました。まだママになった実感がないというのが正直な気持ちですが、無事に産まれてきてくれたことにホッとしています」と胸中をつづった。

     「病院の先生や家族がずっと温かくサポートをしてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを記し「今は慌ただしさと疲れでこのご報告が精いっぱいなので、少し落ち着いたらまたみなさんに近況をお知らせできたらいいなと思います」と結んだ。

     報告を受け、女子レスリングの吉田沙保里選手(35)も自身のツイッターを通じて「愛ちゃんおめでとう ついにママになったんだね 凄いなぁー」と祝福。「赤ちゃんはどっち似かな? また、会える日を楽しみにしてまーす おめでとう」とメッセージした。

     福原選手は今年6月に自身のブログで妊娠を発表。「小さな命が私たちのもとに来てくれたことをとても嬉しく思います」と喜ぶとともに「夫はきっといいパパになってくれると思うので、私も負けないくらいいいママになれるよう、赤ちゃんに会えるまでの間しっかり勉強して準備したいと思います!」と決意をつづっていた。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ(PR)

    Pickup!