松坂桃李“40周年”は全裸で仕事?

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年5月12日
  • 映画『孤狼の血』初日舞台あいさつに出席した(左から)役所広司、松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     俳優の役所広司(62)、松坂桃李(29)が12日、都内で行われた映画『孤狼の血』初日舞台あいさつに出席。俳優生活40周年を迎える役所は「ギリギリ体力が持ったかなと。この作品に40年目で出られて、とても幸せでした」とにっこり。作品でバディを組む松坂に対して「松坂君も40周年の時は全裸で仕事しているのではないでしょうか」とイジると、松坂は「今回、そういうシーンないですから!」とツッコミを入れて笑わせた。

    【写真】役所広司のイジりに笑顔をみせる松坂桃李

     同作は、柚月裕子氏の小説を映画化。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、すさまじい抗争を巻き起こす暴力団と彼らを追う刑事たちを描いた作品。

     過激な作風に挑んだ役所は「こういう映画は自分が若いころあった。こういう映画で男たちが男を磨いてきたような気がする。こういう映画が増えれば、映画のキャッチコピーではないですが、男の子にも牙(きば)が少し生えてくるのではないかなと思います」と語った。

     松坂との共演については「カッコいいですからね~」とニヤニヤしつつ、「繊細に自分の役をラストシーンまでに積み重ねていく、ちゃんとしたプランを持っているすばらしい俳優さんだと思う。(撮影現場では)ギャラリーの応援が多すぎて戸惑っているところもありましたが、日に日に見学の人が増えていった」とベタ褒め。

     役所の言葉を受けて松坂は「(今年で自分が)30歳になるという節目で、役所さんともう一度共演できて、僕の中では忘れられない作品だなと。すごく特別な作品ですね。(役所と)バティとの関係性もあって、親のような師匠のような色んなものが交ざった。最終的に感じたのは、(役所のことが)大きく分厚く、そして遠いなと感じましたね。かけがえのない時間でした」と共演できたことを感謝した。

     この日は、江口洋介、真木よう子、音尾琢真、中村倫也、ピエール瀧、阿部純子、監督の白石和彌氏、原作の柚月裕子氏も登壇した。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!