『名探偵コナン ゼロの執行人』V5

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年5月15日
  • 5週連続1位『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

  • [PR]

     12日・13日の『全国映画動員ランキング』(興行通信社調べ)は、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員19万9000人、興行収入2億7700万円をあげ、5週連続の1位となった。累計では、動員519万人、興収67億円を突破。最終興収68.9億円をあげ、劇場版シリーズ最高興収記録をもつ前作『名探偵コナン から紅の恋歌』まであと2億円弱に迫り、6作連続での記録更新に王手をかけた。

    【画像】3位スタートの『孤狼の血』ポスタービジュアル

     『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、土日2日間で動員12万8000人、興収2億100万円をあげ2位をキープ。累計興収はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品史上最速で30億円を突破した。また、18日には、MCU史上初の全国5大都市同時「絶叫&応援上映」が行われることが決定。リピーターの動員拡大でさらに数字を伸ばしそうだ。

     “警察小説×仁義なき戦い”と評される柚月裕子氏の同名小説を、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介らの出演で映画化した『孤狼の血』は3位に初登場。土日2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円となった。本作は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に刑事、やくざ、女が、それぞれの正義と矜持を胸に生き残りを賭けて戦う生き様を描く。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌氏。客層は40代~50代が中心、男性客が7~8割を占めており、平日も堅実な興行が期待される。

     宗教家の大川隆法氏が製作総指揮・原案を務め、幸福の科学出版が製作した、昭和50年の東京が舞台のラブストーリー『さらば青春、されど青春。』は、5位に初登場。『君のまなざし』の大川宏洋が主演、映画『東京喰種』『笑う招き猫』などで活躍していた清水富美加は、千眼美子に改名後初の映画出演。また、主題歌で歌手デビューも果たしている。監督は「君のまなざし」の赤羽博氏。

     既存作品では、6位の『レディ・プレイヤー1』が、累計で動員131万人、興収21億円、7位の『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ‐拉麺大乱‐』が、動員133万人、興収15億円、8位の『リメンバー・ミー』が動員386万人、興収48億円を突破している。

    ■全国映画動員ランキング 5月12日・13日(興行通信社調べ)

    1位『名探偵コナン ゼロの執行人』(1)

    2位『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2)

    3位『孤狼の血』(NEW)

    4位『ラプラスの魔女』(3)

    5位『さらば青春、されど青春。』(NEW)

    6位『レディ・プレイヤー1』(5)

    7位『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』(4)

    8位『リメンバー・ミー』(6)

    9位『となりの怪物くん』(7)

    10位『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』(9)

    ※( )内は前週の順位

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!