『やすらぎの刻』5000人が応募

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年5月17日
  • 帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』(2019年4月スタート)の出演者オーディションに約5000人の応募が寄せられ、脚本家の倉本聰もびっくり(C)テレビ朝日

  • [PR]

     脚本家・倉本聰氏が描く、テレビ朝日開局60周年記念作品、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』(2019年4月スタート)。その出演者オーディションに、4965人の応募が寄せられたことがわかった。

    【写真】『やすらぎの郷』主要メンバー

     同作は、17年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化される、という内容。新たなドラマ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』のその後も合わせて描かれる。

     ドラマ『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて丁寧に描いていく。作品の前半の主演は、清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。このほか、作品には前作でおなじみの浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。

     80年間にわたって物語が続いていくため、時代の変遷と共に多くの登場人物が予定されており、多彩なキャラクターを演じる人材を求めて、番組ではオーディションをすることに。所属事務所の有無や経験は不問、15歳~35歳の男女(18年4月1日現在)という条件で、先月26日より募集を開始した。

     倉本氏自らが「日本を代表する名優たちがキラ星の如く出演しますが、この大スターたちの胸を借りて数多の若い逸材を育てようというのが今回のオーディションの大目的です。無名有名にかかわらず多くの若い才能の参集をお待ちしております」と、呼び掛けたところ、5月11日午後11時59分の締め切りまでに、【男性】1981人、【女性】2984人、計4965人の応募が寄せられた。年代別の内訳は、【15~19歳】731人、【20~29歳】2910人、【30歳~35歳】1324人。

     この応募総数を聞いた倉本氏の第一声は、「スゴイなぁ!」。さらに、これからはじまる審査に向けて、「“数”で驚いたけど、次は“質”で驚きたい。この番組でスターを生み出したいと思ってやっているので、それを念頭にしっかり審査をしていきたい。そして、よい人材はどんどん抜てきしていきたい」と、期待を募らせている。

     今後、第1次(書類審査※通過者発表は21日予定)、第2次(面接)、第3次(プロデューサー、監督面接及び演技審査)、最終審査(脚本家・倉本聰氏出席の下、面接及び演技審査)という5つの段階を経て、出演者を選考していく。採用人数は10~20人程度を予定しているそうだが、倉本氏が語っているように素晴らしい人材との出会いがあれば、人数に制限なく採用する方針。どんな才能が見いだされるのか楽しみだ。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!