東京の台所

<73>5歳の息子とつくるみたらし団子

  • 文・写真 大平一枝
  • 2014年7月16日

〈住人プロフィール〉
 嘱託職員(女性)・39歳
 分譲マンション・3LDK・京王線 中河原駅(府中市)
 入居11年・築11年
 夫(会社員・50歳)、長男(5歳)と3人暮らし

 朝食はコーヒー、昼は社食。昼休みに料理雑誌や本を見て、材料とレシピをメモし、日付の変わるころ、自宅の最寄りにある駅近くの深夜スーパーで、材料を買い、家に帰ってから作る。結婚して数年はそんな生活が続いていた。作るのは大好きなビールのつまみになるようなものが多かった。

「メモ通りに買って、メモ通りに作る。料理をしたと言えばそうなんでしょうが、なにか工夫をして創作したり、料理そのものについてあれこれ考えるという余裕はありませんでした」

 コーヒー用の湯も鍋で沸かしていたくらいで、家でお茶をゆっくり飲む習慣がなかったので、やかんも持っていなかった。

 がらりと生活が変わったのは10歳年上の同僚と結婚し、7年後に子どもができてからだ。

「共働きなので保育園に通っています。そこで、保育園ってすごいなあと思ったのです。おやつも給食もなにもかも作るでしょう? 私のまるっきり知らなかった世界で、何でも手作りというところが素敵だなあと感激しました」

 雑貨の販売促進、自動車保険会社を経て、3年前、それまでとは百八十度異なる保育園の調理補助の仕事を始めた。

「ちょっと働いてみたいって思っちゃったんです。今ですか? 大変だけど毎日楽しいですねえ。おかげでたくさんの料理を覚えました。本当に何でも手作りで、カレールーはもちろん、小豆羊羹(ようかん)は小豆を戻して煮るところからやる。かしわもちは生地を蒸すところから。みたらし団子のあんは、砂糖と醤油を片栗粉で溶けばできると初めて知り、意外に簡単だなと驚いたり。手作りの概念が変わりました」

 取材の途中、5歳の長男が「お団子作ろうよ~」と言いだし、お母さんと一緒に上手に団子を丸めていった。L字形の台所は、死角ができて不便な面もあるというが、息子と2人のびのび料理ができて、使いやすそうだ。ちゃんと子どもの料理用踏み台もある。

「子どもが手伝うと、卵割りひとつとっても倍の時間がかかって大変なんですが、興味があるときにやらせたいので、やりたいと言ったら拒まないようにしています」

 夫も家事をする。だから、台所の中はすべて、何がどこにあるかわかるようラベリングをして収納している。子どもが寝たあと、ベストな収納法についてあれこれ考えたり、工夫したりするのがストレス解消法でもある。

「外も扉の中も見た目すっきり、というのは自分が気持ちいいからやっているだけ。お酒を飲みながら入れ替えたり、パズルのように収納を考えるのが好きなんですね。もう自己満足の世界。もっと時間があったら徹底的にやりたいです」

 吊り戸棚の中も、シンク下も、整然と片付いている。収納用カゴや仕切りを同じメーカー、同じモジュールで統一するのがコツだ。つねに家具やしまいたい道具のサイズを一覧のメモにしてある。場当たり的に収納グッズを買わず、たとえ100円グッズのケースひとつでも、よくよく吟味してから購入する。

 目下の課題は冷蔵庫だそう。私から見たらキレイに片付いているのだが、収納は家族の成長やライフスタイルの変化とともに変化していて、「つねに進化中」とのこと。

 手作りのおやつ、料理、収納、掃除。家のことを実に楽しそうに語る。

「もともとは、できることなら働かず、家のことをずっとしていたいタイプなのかもしれません」

 保育園での仕事は、家庭にも生かせる。会社と家がぶっつり分断されている以前の職よりも肌に合うらしい。元同僚たちは、そんな彼女の変化を一様に驚いているという。料理も子育ても無縁のイメージだったからだ。

「今は、調理師の資格に挑戦しようかなと思っているんです。年上の夫に何かあっても食べていけるかなと思って」

 子どもを保育園に預けたことで、行く先が少しが変わった。彼女の人生もまた進化中なのである。

つづきはこちら

東京の台所 取材協力者募集

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

大平一枝(おおだいら・かずえ)

長野県生まれ。ライター。各紙誌でライフスタイルにまつわるコラム、人物ルポを執筆。著書に『ジャンク・スタイル』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡 社)、『日曜日のアイデア帖~ちょっと昔の暮らしで楽しむ12か月』(ワニブックス)、『かみさま』(ポプラ社)、『ジャンク・スタイル・キッチン』(風土社)、『昭和ことば辞典』(ポプラ社)『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ』(誠文堂新光社)、ほか多数。共著に『母弁』(主婦と生活社)、『ジャンク・ウエア』(平凡社)など。 ホームぺージ「暮らしの柄」 ■使用レンズ:SIGMA ART|18-35mm F1.8 DC HSM、SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM


&wの最新情報をチェック

Shopping