リノベーション・スタイル

<77>BBQスタイルのキッチンとインナーテラス

  • 文 石井健
  • 2014年7月30日

 [aestas]
 Aさん夫妻
 首都圏
 築35年 / 55.91m²
 工事費 約770万円

 結婚を機に、リノベーション前提で中古マンションを購入したAさん夫妻。作りたい部屋のイメージは、新婚旅行で訪れたメキシコのリゾートホテルでした。「ざっくりした感じで」ということだったので、天井はブレースむき出し、壁はOSBの合板、ダイニングテーブルは古材のフローリングにし、素材感を大事に空間を作っていくことにしました。

 アイアンは「どこでどう使ってもいいから、絶対に使いたい」ということだったので、リビングと寝室の間の壁に設置しました。そのままだとファンシーになりすぎちゃうので、かなり試行錯誤しましたね。

 ダイニングテーブルとコンロを一体にした、バーベキュースタイルのキッチンを作ったのは、ここが初めてです。バーベキュースタイルとは、僕が命名したのですが、要は火が出るところと食べるところが近いということです。目の前で食べ物がジュージューいっていると食欲がわくし、楽しいんですよね。シンクなどは白くして背面と一体化させ、収納はオープンにしています。家事動線と、楽しさや気持ちよさを考えて設計しました。 

 また、ベッドルームはベッドを置けるだけの最小スペースしかなかったため、バルコニーと一体化させて広く感じられるよう、インナーテラスを造りました。床をタイル貼りにしたので、ペットの犬の居場所にもなりました。日当りが良かったので、ハンモックをかけたらリゾート感がさらにアップしました。

 玄関まわりはオープンな広いスペースを残しています。シングルベッドが置けるくらいの余裕があり、将来は子ども部屋にできるようにしました。実際、子どもが生まれてからは、ベビーベッドを置いていたようです。

 その後、もう一人子どもが増えたため、この部屋を売って戸建てに引っ越されましたが、Aさん夫妻のように30歳くらいである程度の部屋を買っておくと、その後がスムーズですね。立地や条件がそろっていれば、当初の購入資金の半分くらいは戻ってくるので、40歳を前に戸建てを買うこともできるんですよ。

リノベーションの写真 つづきはこちら

[PR]

PROFILE

石井健(いしい・たけし)

1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。

&wの最新情報をチェック


&wの最新情報をチェック

Shopping