太陽のまちから

世田谷発で「デザインナンバー」を

  • 保坂展人
  • 2014年11月17日

写真:児童虐待防止を目的としたナンバープレート(米フロリダ州) 児童虐待防止を目的としたナンバープレート(米フロリダ州)

 11月17日午後1時半、世田谷区役所の中庭前に10台の車が勢ぞろいしました。一斉に幕を引くと、これまでの「品川ナンバー」から付け替えたばかりの「世田谷ナンバー」が並んでいます。ご当地ナンバーとしては、都内ではお隣の杉並区とともに初めての登場となりました。

 私は挨拶の中で「デザイン入りナンバープレート」の導入を訴えました。これは、ナンバープレートにデザインをこらしたもので、125ccまでのオートバイにはすでに各地で採用されています。ただ、私が考えているのは、これを機に、一般の自動車や126cc以上のオートバイにも広げていくというだけではありません。

 アメリカで行われているように、児童福祉、障害者福祉、あるいは環境・みどりトラストなど目的別にデザインされたナンバーを希望・選択して交付を受けると、その一部が寄付される、という仕組みを実現させたいと考えて、いま国に提案しているところです。

 アメリカの各州で広がっている「デザインナンバー」は寄付金とセットになっているものが多く、バラエティに富んでいます。たとえば、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園の管理・維持にあてられているデザインナンバーの寄付金収入は年間1億円規模と聞いています。

 調べてみると、「国土交通政策研究第41号」(2005年1月)に掲載されている「NPOによるボランティアの支援方策に関する研究」(国土交通政策研究所)で紹介されていました。

 カリフォルニア州ではスペシャルナンバープレートと呼ばれる「デザイン入り寄付金付ナンバー」を1983年に導入しています。「ヨセミテ基金」「カリフォルニア州芸術協会」「子ども健康安全基金」「退役軍人基金」「消防士記念基金」「タホ湖保全事務所」「カリフォルニア海岸保全協会」「9・11犠牲者と家族のための基金」などがあります。(03年6月当時)

 スペシャルナンバープレートを申請できるのは州政府関連団体か認証NPOで、州議会の審議をへて立法化されます。ナンバー発行にかかわる手数料と配分ルールは、そのつど決められます。「ヨセミテ基金」はナンバー更新手数料から州自動車局の事務費用を差し引いた金額の半分を州環境部の「環境ナンバー基金」、残り半分をヨセミテ基金に支払うという仕組みです。また、「タホ湖基金」の場合は、手数料を差し引いた全額がタホ湖基金に入るという具合です。ただし、こうして議会にはかるという方式は、カリフォルニア州独特のもので、アメリカ各州によって制度設計は違うとのことです。

 こうしたデザインナンバーの実態を知るきっかけになったのは、国土交通省の「デザイン入りのナンバープレートに関するアンケート」でした。9月25日に開かれた「交通政策審議会陸上交通分科会」小委員会でデザイン入りナンバープレートの導入をめぐる議論に際して、かねてからナンバープレート活用に意欲の高い自治体のひとつとして意見を求められたのでした。

 アンケートが送られてくるまで、国土交通省でこのような議論が行われているとは知りませんでした。ただ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、特例の「デザインナンバー」を準備していることは知っていました。デザインが入るだけでなく、寄付金が上乗せされ、また新車に限らず、希望者には付け替えも可能にするというものです 。

 国土交通省からのアンケートに回答するだけでなく、世田谷区からの意見をまとめた要望書を国土交通大臣に提出しました。要望は次の2点に絞りました。

「デザイン入りナンバープレートの交付が可能となるような制度の導入を早期に実現されたい」
「ナンバープレートのデザインや寄付金の目的・使途について、地元自治体と協議し、その意向を反映するとともに、寄付金が当該自治体の歳入として基金収入となる仕組みを構築されたい」

 ご当地ナンバーを導入した120自治体に送付された「デザイン入りナンバープレートについてのアンケート調査結果」では、「是非導入を検討したい」が34%(41地域)、寄付金付きナンバープレートは「是非導入を検討したい」が29%(35地域)となり、多くの自治体が「制度の具体化ををふまえて今後検討する可能性あり」と答えています。

 国土交通省自動車局に聞いたところ、意見をまとめた要望書を提出したのは世田谷区のみでしたが、具体的には12月以降の審議会小委員会で議論し、決めることになるとのことでした。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

保坂展人(ほさか・のぶと)

1955年、宮城県仙台市生まれ。世田谷区長。高校進学時の内申書をめぐり、16年間の「内申書裁判」をたたかう。教育ジャーナリストを経て、1996年より2009年まで衆議院議員を3期11年(03~05年除く)務める。2011年4月より現職。『闘う区長』(集英社新書)ほか著書多数。


&wの最新情報をチェック

Shopping