世界美食紀行

キティちゃんと屋台飯in高雄 台湾(3)

  • 文 江藤詩文
  • 2013年1月21日

写真:カーテンもベッドカバーも壁紙もピンク一色の「漢來ハローキティ・ルーム」。バスルームのアメニティやデスクの上のメモパッドもキティちゃんですカーテンもベッドカバーも壁紙もピンク一色の「漢來ハローキティ・ルーム」。バスルームのアメニティやデスクの上のメモパッドもキティちゃんです

写真:ハローキティの朝ごはん。ホットサンドはブルーベリージャムとクリーム入り。玉子料理はキティちゃんを描いたオムレツもありますハローキティの朝ごはん。ホットサンドはブルーベリージャムとクリーム入り。玉子料理はキティちゃんを描いたオムレツもあります

写真:失恋旅行で台湾に来ていた香港の女性ふたり組。ふたりとも香港ではファッション関係の仕事をしているそう失恋旅行で台湾に来ていた香港の女性ふたり組。ふたりとも香港ではファッション関係の仕事をしているそう

写真:味のしみたご飯と、あっさり淡泊でくせのないガチョウ肉がよく合うどんぶり。しっかりと弾力のある肉でした。60元(約186円)味のしみたご飯と、あっさり淡泊でくせのないガチョウ肉がよく合うどんぶり。しっかりと弾力のある肉でした。60元(約186円)

写真:日本でも最近話題になった焼き小龍包は、高雄でも人気。皮はやや厚めなものの、肉汁がたっぷり入っています。8個60元(約186円)日本でも最近話題になった焼き小龍包は、高雄でも人気。皮はやや厚めなものの、肉汁がたっぷり入っています。8個60元(約186円)

写真:「パパイヤミルク」で日本でもおなじみのミルクドリンク。季節のフルーツや野菜と牛乳、砂糖をミキサーにかけたもの。1杯50元(約155円)「パパイヤミルク」で日本でもおなじみのミルクドリンク。季節のフルーツや野菜と牛乳、砂糖をミキサーにかけたもの。1杯50元(約155円)

写真:台北よりさらに南に位置する高雄は、一年中気温が高く、かき氷が欠かせない。これは老舗の名店の緑豆とコンデンスミルクをかけたかき氷。1杯50元(約155円)台北よりさらに南に位置する高雄は、一年中気温が高く、かき氷が欠かせない。これは老舗の名店の緑豆とコンデンスミルクをかけたかき氷。1杯50元(約155円)

「高雄には、台北の女の子が泊まってみたいホテルがある」

 そう聞いて向かったのは、漢來大飯店(グランド・ハイライ・ホテル)。台湾でもここにしかない、限定デザインの「漢來ハローキティ・ルーム」があるのです。

 キティちゃんの客室に宿泊したゲストは、エグゼクティブフロアの宿泊客専用のラウンジで、特別な朝食が用意されます。キャラクターが刺繍された非売品のマットの上には、ハローキティを描いた目玉焼きやホットサンド。いちごのムースもキティちゃんの顔型。プレートやカップ、グラスも、ソルト&ペッパーまでキティちゃん一色です。「キティちゃんはりんごが好きだから、ジュースはアップル」と言われ、完璧なキャラクター設定に思わず脱力……。

台湾・高雄のホテル限定キティちゃんをプレゼントします

恋人同士でキティちゃんルーム

 連日満室、海外からも訪れるというこの客室。子ども向けかと思いきや、宿泊するのはほとんどが30代、40代の女性同士またはカップルとか。なにしろ、さまざまな特典がパッケージになっているのです。内容は時期によって変わりますが、このときはハローキティ・デザインの自転車のレンタルが含まれていました。

 その自転車でまさにこぎだそうとしていたのは、香港から来た30代前半の女子ふたり組。ボーイフレンドと別れた記念に泊まりにきた、と笑います。

「ハローキティは香港でも大人気。日本のキャラクターはほんとに可愛いわ。こんな客室をサプライズで予約してくれる恋人がいたら、最高ね」

 台湾では、恋人の誕生日のお祝いやプロポーズのために予約する男性が多いそうです。我らが日本男児にはかなりの勇気がいりそうですが、「台湾のオトコも香港のオトコも、全然平気よ」と彼女たちは言います。そこに、ちょっとした大陸気質を感じたのでした。

 キティちゃんを満喫した夜は、観光名所の「高雄市六合観光夜市」をふらつくことに。約380mの道の両側に170軒ほどの屋台がにぎにぎしく並んでいるなかを、ためつすがめつしてガチョウの専門店に入り、どんぶりを注文しました。

 まさに頬張ろうというそのとき、背後から日本語が聞こえてきました。「わぁグロテスク。私、あんなの食べられないわぁ」。振り返ると、胸にバッジをつけて、ポシェットをななめがけしたおばちゃんが立っています。

「ひとりですごいわね。屋台は汚いわよ。お腹には気をつけてね」

旅の締め括りはガチョウ丼で

 丁寧に処理されたガチョウの肉は、私の目から見ると清潔そのもの。注文が入るごとに、炊飯器からほかほかのご飯をどんぶりによそい、ネギやしょうがで風味を加えたガチョウの油と、醤油ベースでちょっと甘口の特製タレをかけ回し、まずご飯とタレをよくなじませます。

 ご飯ひと粒ひと粒に油とタレがよく絡み、てらてらとしたご飯だけでも食欲をそそるったらありません。それにジューシーなガチョウ肉のスライスとシャキシャキの野菜のつけあわせをのせ、全部を一気にごちゃ混ぜにして食べるのが、正しい食べ方だそうです。

 屋台の店先には、首を落とし、羽をむしられた後、ゆでたり揚げたりされたガチョウが並んでいます。地元の人々は一羽まるごと持ち帰り、それぞれの家庭で食べるのでしょう。

 私は、「屋台は汚いわよ」と言ったおばちゃんの言葉を思い出し、ざらつく思いを抱えながら、ちょっと冷えてしまったどんぶりをかき回しました。ハイエンドなレストランも、人々の暮らしがにじむ屋台も楽しめる性質でよかった。そう、ひとりほくそ笑んだのでした。

■ステイ 漢來大飯店
「漢來ハローキティ・ルーム」は、スイートを含めて3室。全540室・45階建ての大型高層ホテルにはエグゼクティブ・フロアもあり、ビジネス利用も多い。高雄で最大級の漢神デパートを併設していて、ショッピングにも便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

江藤詩文(えとう・しふみ)

旅のあるライフスタイルを愛するフリーライター。その土地の風土や人に育まれた食、歴史に裏打ちされた文化を体感するラグジュアリーな旅のスタイルを提案する。趣味は、旅や食にまつわる本を集めることと民族衣装によるコスプレ。「江藤詩文の世界ゆるり鉄道旅」をmsn産経に連載中。

おすすめ

手回し充電が可能で、スマホをチャージできるUSBポートを備えた大光量LEDランタンをご紹介

よく見る「8?12畳用」の記載。本当の意味を知っていますか?

優れた防水&収納でビジネスシーンをサポートする「電車ビズ」

人気の浄水器ブランド「トレビーノ」の名を冠した、髪と肌に優しいシャワーヘッドが人気

机の乱れは頭の乱れ。作業がはかどる環境作りの秘訣を伝授します

朝早く目的地に着いても、無駄な時間潰しはしなくていい


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト