東京の台所

<12>上京して12年 女子会の巣窟に

  • 文・写真 大平一枝
  • 2013年4月10日
  

〈住人プロフィール〉
会社員、30歳。
賃貸マンション・1DK・都営浅草線 馬込駅(大田区)
入居4年・築年数28年・恋人(大工)の2人暮らし

    ◇

 台所が広いのでこの部屋に決めた、と言う。4歳の頃から料理を始め、小学生になると家族のご飯を作り、中高校生になると、仕事で忙しい母に代わって台所を切り盛りした。

「料理本や料理番組を見ていたら、自分でも作れるんじゃないかと思って。やってみたらおもしろくてハマりました。こうしたらどうかなってアレンジするのも楽しいし。料理は今でも大好き。趣味って言うより、自分にとって絶対欠かせない生活の一部です」

 上京して12年目の今はイタリアンが好きで、週5回はワインを飲む。必然的に料理もワインに合うものが多くなる。

「飲み屋に行っても、スパイスや作り方がつい気になりますね。家で再現することも多い。この間は、お店で蒸し野菜においしい塩が添えられていて。なんですかって聞いたらトリュフ塩だって。さっそく次の休みに、ディーン・アンド・デルーカに買いに行っちゃいました」

 料理マンガや料理本もよく読む。そしてすぐ試してみる。台所には、居室の大きなテレビとは別に、DSの料理ソフトを見るための小さなテレビがあった。

「去年はバジルとイタリアンパセリをベランダのプランターで栽培し、自家製のバジルソース作りに成功したんです。松の実を入れるとぐっとコクが出ておいしくなるんです。食べるときにその上から粉チーズをかけてもおいしいですよ」

 もともと建築をやりたくて東大に入ったそうだが、農学部に進路を変更、環境を学んだ。「建築の枠が少なかったから」と言うが、料理の話を聞いている限り、この人は農学部のほうが合っているし楽しかったろうと勝手に想像した。食べるものにつながる学問だからだろうか――。

 住んでいる馬込の街は、通勤に便利なことと、飲み屋が多い点が気に入っている。

「イタリアンだけじゃなく、中華料理やタイ料理の小さな店や和菓子屋さんなど、商店街が充実しているところがいいですね」

 その地元の飲み屋で知り合った大工の恋人と、一緒に暮らしている。

「パスタも1人分だと作ってもやっぱりおいしくないんですよね。2人分だと作りやすいし、おいしいとか言ってくれるので楽しいです」

 最近は、「だらだら飲めるので」、もっぱら自宅で会社の仲間と料理持ち寄りの女子会を開くことが多い。

「女子会をやるとレパートリーが増えるんですよ。どうやって作るのって聞けるから。ふたり暮らしだとソースは1種類でも、女子会ならよし4種作ろう!ってはりきれる。女子会、ほんと最高です」

 恋人も、女子会の最後には合流するそうな。

 仕事に恋愛に忙しそうだが、しっかりパン教室に週2回通っている。

「イースト菌ひとつでパンって全然味が変わるんですよ! これ、驚きです」

 飲み屋でも女子会でもパン教室でも、「おいしい」の探求に余念がない。ああそうか、この人は食べること以上に、おいしくするためにあれこれ試したり研究するのが好きなのだ。きっと、料理を始めた4歳の頃から。

つづきはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

大平一枝(おおだいら・かずえ)

長野県生まれ。ライター。生活やライフスタイルををはじめ、人物ルポなども執筆。著書に『ジャンク・スタイル』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『日曜日のアイデア帖〜ちょっと昔の暮らしで楽しむ12か月』(ワニブックス)、『かみさま』(ポプラ社)、『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』『ジャンク・スタイル・キッチン』(風土社)ほか多数。共著に『母弁』(主婦と生活社)、『ジャンク・ウエア』(平凡社)など。 ホームぺージ「暮らしの柄」

おすすめ

新設の「SHARE」ボタンを押すだけで、内部のハードディスクに自動録画されたプレー画面を世界中に公開できる

iPhoneやiPadに接続する高音質のコンデンサーマイク。ヘッドフォンジャックを装備しているので、録音中のモニタリングも可能

日本代表の絶対的エースが、ついにビッグクラブの背番号「10」を背負う

文房具屋さん大賞2014に輝いた、プロが自腹で買いたい針なしホチキス

冬物の洋服は、内部が区切られてシワになりにくい衣類圧縮袋に入れてクローゼットへ

僅か10gの小型3Dモーションセンサーがあなたのスイングを徹底解析。改善点はすぐにスマホでチェックできる


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト