おんなのイケ麺

気持ちをリセットしてくれる、香り高いせいろそば

  • 2013年8月15日
「麻布 川上庵」の天せいろ

写真:押切もえさん押切もえさん

 小さい頃からおそばが大好き。山形県にある祖母の家に行くと、必ず食べていました。暑いこの季節に、せいろはピッタリですよね。

 ここはファッション誌の撮影のお昼休憩にスタッフとよく行く店です。撮影日って、早い時は朝4時台に集合して、午前中の「陽(ひ)がいい時間」にできるだけ多く撮らなきゃいけない。お昼にはクタクタになります。冷たいせいろをいただくと気持ちをリセットできるんです。

 この「天せいろ」はボリュームも栄養も満点。大きいエビと大好きな夏野菜の天ぷらに、イタリア産のお塩をつけて頂きます。化学調味料を使っていないつけ汁や、おしゃれな器にもこだわりを感じますね。

 夜、プライベートの友人と訪れると「だし巻き玉子」を必ず注文して締めはやっぱりこれ。香り高く、のどごしもよいおそばは、すっきりとした白ワインに合うんですよ。

     ◇

 おしきり・もえ ファッション誌「AneCan」専属モデル。初めて書いた小説『浅き夢見し』が発売中。

 ◆「麻布 川上庵(あん)」東京都港区麻布十番3の5の7の地下1階(電話03・5439・5757)。並1830円、上1995円。午前11時半〜翌午前3時半(ラストオーダー)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト