太陽のまちから

水素が救世主に 自然エネルギー政策に光

  • デンマーク報告(2)
  • 2013年9月3日

写真:水素を取り出す装置が入ったコンテナ水素を取り出す装置が入ったコンテナ

写真:小型化された家庭用の燃料電池小型化された家庭用の燃料電池

写真:リノベーションで見事によみがえった気候センターリノベーションで見事によみがえった気候センター

写真:気候地球儀には、津波の様子が映し出されていた気候地球儀には、津波の様子が映し出されていた

 8月下旬、デンマークのロラン島を訪ねました。前回に引き続いての報告です。

 ロラン島で子育てをしながら環境政策をレポートするニールセン北村朋子さんにコーディネートしてもらいました。島の東西南北を駆け回る内容の濃い視察でしたが、彼女はひっきりなしに打ち合わせの電話を受けていました。

「9月に入ってから根本匠復興大臣、その後に甘利明経済再生大臣、さらに他の閣僚の方もロラン島を訪問されることになっていて、連絡がひっきりなしなんです」

 首都コペンハーゲンから車で2時間半、自然エネルギー活用の先端地であるロラン島に、日本からの注目が集まっているのは間違いないようです。

 ロラン島は、安定した風が吹いてくる地域とはいえ、風が強い日も弱い日もあります。余剰電力を蓄えておく技術は自然エネルギー安定供給の鍵になります。

 そこで、意欲的な実験が行なわれています。水を電気分解して水素を取り出し、貯蔵したタンクから地域に供給することで家庭用燃料電池を稼働させるという試みです。「水素H2インタラクション」には、イタリアで製造されている電気分解の設備やタンクが使われています(写真)。実際に水素の供給を受けている家では、かつて造船所で働いていたという81歳の男性が「とても快適だ。便利だし、使い方も簡単だ」と自慢げでした。

「現在は35軒での実験ですが、来春以降は3千軒へと拡大させる予定なので、実用化に近づけたいですね」(レオ・クリステンセンさん)

 デンマークでは、低炭素社会に転換するために、化石燃料を使った暖房器具を家庭では使わない方向となっています。地域熱供給事業が定着しているため、水素も地域供給システムの構築をめざしているといいます。日本でも3・11後、家庭用燃料電池は普及のテンポを早めているだけに、「地域供給システム」は注目に値すると思いました。

 さらに、コペンハーゲンに隣接するフレデリクスベア市の供給公社も訪ねました。清掃、水道、地域暖房、ガスといった事業を一手に担う公社で、バウアン・ベックさん(CEO)ら幹部から2時間にわたる説明を受けました。

 2年前に、かつてない集中豪雨によって市内が浸水し、10億ユーロに及ぶ被害を受けたそうです。そのため、現在は雨水・排水処理システムの開発に力を入れながら、温暖化を受けて「地域冷房供給事業」の準備を進めているということです。住民が多く、電気使用量も大きいという点では世田谷区とも共通しており、「農村部や地方で生まれる風力やバイオマス等のエネルギーを利用しての地域間連携をハイテンポで進めているそうです。

 ロラン島に今から約140年前に建てられたという砂糖工場は、1996年で操業を停止してから長い間、放置されていたといいます。この大きな工場は見事にリノベーションされ、「ビジュアル気候センター」としてよみがえりました。そこに設置されているのは「科学の地球儀(science on a sphere)」と呼ばれる巨大な地球儀です。アメリカの大気海洋局(NOAA)や航空宇宙局(NASA)の最新のデータが反映されています。世界に100カ所ほどしかなく、欧州にも7カ所。北欧には、このロラン島にあるだけです。

 海水温度の上昇やウミガメの産卵数、地球全体でハリケーンや台風が同時に発生していることがほか、東日本大震災の津波をとらえた画像にも息を飲みました。

 このヴィジュアル気候センターの巨大地球儀の存在は、ロラン島の子どもたちにどんな影響を与えているのでしょうか。次回はデンマークの環境教育について報告します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

おすすめ

最短撮影距離はなんと20mm、手のひらサイズで超広角の世界が楽しめる新感覚のデジタルカメラ

ボブ・ディランの30周年を祝う、伝説のトリビュート・コンサートがついにDVD/BD/CD化。

iPad、AndroidOS、WindowsOSなど今注目のタブレットPCが勢ぞろい

ゴミ箱になったR2-D2に、セーラー服を着るベイダー卿…

脚の角度は自由に設定可能、カメラ本体に装着したまま持ち運べる薄型三脚が大人気

スマホ用ポケットやカードホルダー、ペン差しなどを搭載したカバン専用インナーが便利と話題に!


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト