リノベーション・スタイル

<32>わがまま満載 でもスムーズな動線

  • 文 石井健
  • 2013年9月4日
[Ruins](東京都中央区)Tさん夫婦(夫27歳、妻28歳)/築34年/54.45m²2/工事費1300万円

  • [Ruins](東京都中央区)Tさん夫婦(夫27歳、妻28歳)/築34年/54.45m²2/工事費1300万円

  • ベッドルームとリビングを分ける本棚。両面使いができる

  • 玄関から続くモルタルの土間。木製のキッチンは家具のような存在感

  • 洗面所からウォークスルークローゼットを通ってベッドルームへ

  • 玄関から続く土間スペースには、靴を収納する棚を造作した

  • カラフルなシャワーブース。水回りはすべて一箇所に

  • 間取り図

 畳の小上がり、土間、オーダーキッチン、壁一面の本棚、段差を使った空間の仕切り、独立したシャワーブースとバスタブ、外とつながっているバスルームやタイル貼り……。「これまでブルースタジオがやってきたことを全部やりたい!」というのが、おふたりのご要望でした。

 これまでのテクニックが集積され、宝物があちこちに埋蔵している。そんなイメージから、この部屋は「Ruins」(遺跡)と名付けました(笑)。

 ご要望を実現するにあたって、まず大きく変えたのは部屋の間取りです。部屋の真ん中に梁(はり)があったので、その下をすべて本棚にしました。裏表の両面使用ができる本棚で、それを境にして部屋を東西に分割しています。片方はキッチン、ダイニング、リビングがあるパブリック空間。もう片方はベッドルーム、クローゼット、水回りなどがあるプライベート空間です。

 玄関から中に入ると、部屋の半分くらいまで土間の廊下が続き、畳の小上がりがあります。昔の長屋の形式に近い感覚ですね。そして、土間の横にはキッチンがあり、回遊できるようになっています。木製のキッチンの土間側には引き出し収納もあります。取っ手はおふたりが買ってきたもので、全部違うんですよ。

 キッチンの後ろの棚だけガラス戸になっていて、開くと裏側にあるバスタブにつながります。お風呂につかりながら、「ビールとって〜」なんてことも可能です。

 おふたりは通常はシャワーで済ませることが多いようなので、カラフルなタイル貼りのシャワーブースも作りました。洗面所、トイレ、洗濯機など水回りはすべて1カ所に集めています。そこからアーチ型の入り口をくぐると、ウォークスルー・クローゼットです。真っ赤にペイントしてあり、ちょっと異国のバザールのような不思議な空間です。部屋によってシーンが切り替わっていて楽しい感じがします。そして、そこを通り抜けるとベッドルームへ。生活動線がスムーズです。

 ベッドルームは広くないのですが、プライベート空間全体がひとつの部屋のようになっているので、狭苦しい感じはしません。各部屋の入り口は引き戸になっており、必要な場合は閉めることもできます。 

 バスルームには洗い場がなかったり、ダイニングとキッチンが一体になっていたり、ところどころ、おふたりが「いらない」と決めたところは省略しています。そうすることによって、長い土間を作ったり、大きめのクローゼットを作ったり、おふたりが実現したいことをすべて満たすことができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

石井健(いしい・たけし)

1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から500件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)

おすすめ

中古マンションの選び方、リフォームの予算の立て方など、自分好みの家に暮したい方必見!

庫内温度は5度から55度まで自由に設定可能。電源ケーブルを差し替えれば、車のシガーソケットでも使用できる便利な小型保冷温庫

車のサンバイザーに取り付ける車載用Bluetoothスピーカーを使えば、運転中の通話も快適

靴のしっかりしたフィット感と、サンダルの涼しさ、手軽さを併せ持った水陸兼用サンダル

有効画素数3635万。ニコンのデジタル一眼史上最高画質を実現した「D810」

高層階で贅沢な朝食、華やかなラウンジでのんびりティータイム…


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト