太陽のまちから

「空き家」で「つながり」生む三つのアイデア

  • 文 保坂展人
  • 2013年10月29日

写真:「世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル事業」の公開審査会(世田谷区提供)「世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル事業」の公開審査会(世田谷区提供)

 10月27日、世田谷区が進める「世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル事業」の公開審査会が行なわれました。「空き家・空き部屋」を地域資源として活用しようという「世田谷モデル」を模索していく大きな第一歩です。このコラム連載を始めてまもないころに1度、このテーマにふれています。(2月26日付

 日本の空き家は「757万戸」。そう聞いて驚くのは私だけではないでしょう。総務省の住宅・土地統計調査(2008年)の数字です。住宅総数は5759万戸。ということは、空き家が13%を超えているのです。

 2年前、東日本大震災と原発事故の被災者支援のために、住宅探しをしました。低い賃料でいいから被災者の役に立ちたい、というオーナーの方が予想以上に多かったため、世田谷区が被災者に提供する民間賃貸住宅は増えました。

 一方、ソーシャルビジネスや地域での活動を企画する人たちからは「何とかスペースを確保したい」という切実な声が多数ありました。

 そして、空き家・空き部屋をもつ人たちの中にも、社会的な意義のある地域活動やNPOに、自分の所有する空間を有効に使ってほしいと考える人たちがいることがわかり、両者をうまくマッチングできないかと区で検討を重ねてきました。

 今年7月、すでに「地域共生のいえ」の実績がある財団法人「世田谷トラストまちづくり」が窓口となって、「世田谷区空き家等地域貢献活用相談」を受け付けるようになりました。さらに、「空き家」「空き部屋」の活用案三つにそれぞれ上限200万円を拠出する「世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル事業」を呼びかけてきました。その最終審査が公開で行なわれたのです。

 応募したのは五つのグループ。そこから、次の3団体をモデル事業とすることに決定しました。

 まず、「グリーフサポートせたがや」というグループです。死別・離別・暴力被害等の悲しみに直面する人々を癒し、支える活動を続けています。

 区内で亡くなるのは年間で6千人、そのうち自殺者は150人前後です。このほか、区に寄せられるDV相談は年間1千件。離婚届は年間1500組、3千人とその家族が当事者になります。

 1人亡くなると、家族や友人を含めて7人がグリーフ(悲しみ)を抱えると言われています。そこで、 空き部屋にグリーフサポートの場をつくり、経験者同士が語り合ったり、勉強会を開いたり、音楽療法を行ったりするなど、「寄り添い、ともに生きる」活動の拠点とする――とのことです。計画によると、年内に予定している物件の改装計画を立てて、来年春前のオープンをめざしていくそうです。

 次は、「シェア奥沢」です。大正末期の区画整理で生まれた旧「海軍村」で残存する住宅のひとつで、多摩美術大学教授の堀内正弘さんの自宅に隣接する空間です。堀内さんと言えば、学生たちと共に考えた「COOL SHARE」の仕掛け人として有名ですが、6月には古くなった住宅を改装して「シェア奥沢」という空間をオープンしています。

 今後、コワーキングスペースや食事会、コンサートなどを開くにあたり、築88年になる住宅の耐震性を診断したところ改修を急ぐ必要があるというのです。

 最後のグループは「ANDITO+大蔵プロジェクト推進チーム」です。賃貸住宅を持つオーナーとして、駅から遠くにある物件の空室が埋まらないという悩みを持っていたところ、世田谷区内で高齢者施設を運営する社会福祉法人の施設長と出会い、建築家も加わって「デイサービスと認知症カフェを備えた多世代交流拠点づくり」を思いつき、賃貸住宅の1階をぶち抜いてデイサービスとカフェに改装する、というのです。

「認知症カフェ」としながらも、高齢者だけでなく、子どもやお母さんなど、多世代にひらかれた場づくりをめざしていくそうです。オープンは来春の予定です。

 このように、いずれも魅力的なアイデアが「モデル事業」として認められました。どれも視線は限りなく地面に近く、どこにでもあるようで、じつはどこにもない空間を実現しようとしています。モデル事業の展開が、新しい「空き家・空き部屋」活用の可能性を示していく意味は大きいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

保坂展人(ほさか・のぶと)

1955年、宮城県仙台市生まれ。世田谷区長。高校進学時の内申書をめぐり、16年間の「内申書裁判」をたたかう。教育ジャーナリストを経て、1996年より2009年まで衆議院議員を3期11年(03〜05年除く)務める。2011年4月より現職。『闘う区長』(集英社新書)ほか著書多数。

おすすめ

脱原発を訴えて世田谷区長に当選した著者。本書は自治体が発信力を高め、連携して日本を変えようという提言である

エントリーモデル「MF883J/A」を追加し、価格も値下げされた「iMac」は今が狙い時

ノートPCやタブレットに貼るだけで、簡単にパワフル冷却。ゲーム機、ACアダプターにも

ビール、ワイン、日本酒、カクテル…暑い日におすすめのお酒をジャンル別でご紹介

よく見る「8?12畳用」の記載。本当の意味を知っていますか?

履きやすさとデザイン性を兼ね備えた、暑い日にぴったりのスリッポンが大集合


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト