太陽のまちから

塀の中に閉じ込められた「秘密」の闇

  • 文 保坂展人
  • 2013年11月19日

 衆議院で特定秘密保護法案の審議が大詰めを迎えている中、現在の社会の中でどのような情報が隠され、また取捨選択されているのかを考えさせるニュースがあります。

 獄中で無実・冤罪(えんざい)を訴える元プロボクサー袴田巌さんの新証拠が明らかになりました。1966年6月に静岡県のみそ工場の専務宅に侵入し家族4人を殺害した後で放火した事件の容疑者として逮捕され、静岡地裁で死刑判決を受け、高裁をへて、最高裁で死刑が確定しています。現在、第2次再審請求のやりとりの中で検察側が開示した当時の捜査記録の中には次のような記載がありました。

<同僚が事件当時、「(現場近くの)寮から消火活動に向かったところ、袴田(死刑囚)が後ろからついてきた」と証言していたことがわかった。確定判決は、事件直後に袴田死刑囚を見た者はいないとしていた。静岡地検が今年7月に開示した証拠130点の中に含まれていた>

 この同僚の証言は、「出火当時は寮で寝ていて、火事を知って消化活動に向かった」という事件当初の袴田さんの供述と一致します。これまでの確定判決では、「当日夜から鎮火まで袴田さんの姿を見た者はいない」としてきました。

 袴田さんは、逮捕されてから47年間、多くの時間を極限の緊張を強いられる確定死刑囚として東京拘置所で過ごしてきました。私は、1990年代後半に国会議員として法務委員会に所属していたことから、袴田さんの存在を知りました。そして、東京拘置所にいるはずの袴田さんを姉の秀子さんが訪ねても、面会できない状態が3年半も続いていることを知りました。法務省に袴田さんの状況を尋ねると、刑務官が面会者の来訪を告げても、「袴田巌はいない」と言って面会室に出ていかないことが続いていたといいます。

 当時、何度も法務省矯正局とやりとりをしました。「精神状態が悪いということも聞いている。一度、どうにかして袴田さんと会わせてもらえないか」と要望し、異例のことですが、2003年3月10日に東京拘置所で面会が実現しました。その日は袴田巌さんの67歳の誕生日でした。

 姉の秀子さんと弁護士と一緒に面会室で待っていると、ふっと扉が開いて、袴田さんらしき人が入ってきました。がっしりした体格で、元プロボクサーの面影がありました。ただ、眼光は時に鋭く、警戒も解いていないようです。私はこう話しかけました。

 保坂「元気ですか」
 袴田「元気ですよ」
 保坂「今日はあなたの誕生日ですが、分かります? 67歳ですね」
 袴田「そんなことを言われても困るんだよ。もういないんだから、ムゲンサイサイネンゲツ(無限歳歳年月?)歳はない。地球がないときに生まれてきた。地球を作った人……(意味不明)」
 保坂「ご両親についてお話したい」 
 袴田「困るんだなー。全てに勝利したんだから。」
 「無罪で勝利した。袴田巌の名において……」
 「神の国の儀式があって、袴田巌は勝った。日本国家に対して5億円の損害賠償を取って……」
 保坂「5億円はどうしたんですか」 
 袴田「神の国で使っている」
 保坂「袴田巌さんはどこに行ったのですか?」
 袴田「袴田巌は、智恵の一つ。私が中心になった。昨年儀式があった」

 (詳細な記録はこちらへ)

 私は袴田さんの「妄想」の世界に向き合っていました。深い孤独と絶望によって、袴田さんは、「袴田巌死刑囚は全能の神に統合され地上から姿を消した。従って、もう死刑執行の心配はない。袴田巌はそうして日本国家に勝ち、5億円の損害賠償請求をしている」という物語の中にいました。そう考えてみるというのではなく、そのように思い込んで面会にも出てこないのだと感じました。強い拘禁症状のあらわれで、すぐにでも治療が必要な状態でした。

 10年間、袴田さんへの治療は行なわれませんでした。2007年2月には、死刑判決を出した静岡地裁の裁判官だった熊本典道元裁判官が、「捜査手法に疑問を持ち、無罪の心証を持ちながら先輩裁判官の合議で死刑判決へ押し切られてしまい申し訳ない」と異例の告白をする出来事もありました。ボクシング界にも支援の声が広がり、世界中に「袴田巌死刑囚」の名は知られるようになりました。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

保坂展人(ほさか・のぶと)

1955年、宮城県仙台市生まれ。世田谷区長。高校進学時の内申書をめぐり、16年間の「内申書裁判」をたたかう。教育ジャーナリストを経て、1996年より2009年まで衆議院議員を3期11年(03〜05年除く)務める。2011年4月より現職。『闘う区長』(集英社新書)ほか著書多数。

おすすめ

エントリーモデル「MF883J/A」を追加し、価格も値下げされた「iMac」は今が狙い時

車のサンバイザーに取り付ける車載用Bluetoothスピーカーを使えば、運転中の通話も快適

蒸し暑い夏にぴったりの、美味しい涼料理とワインの組み合わせをご紹介

靴のしっかりしたフィット感と、サンダルの涼しさ、手軽さを併せ持った水陸兼用サンダル

有効画素数3635万。ニコンのデジタル一眼史上最高画質を実現した「D810」

高層階で贅沢な朝食、華やかなラウンジでのんびりティータイム…


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト