太陽のまちから

原発・エネルギー問題の出口を探りながら

  • 文 保坂展人
  • 2013年12月25日

写真:三浦太陽光発電事業 完成イメージ図(世田谷区提供)三浦太陽光発電事業 完成イメージ図(世田谷区提供)

 太陽光関連事業の発展や消費者の関心を高めるために成果を残した事業や人を表彰する「第2回ソーラーアワード」の表彰式が12日に行なわれ、コミュニティパワー部門で受賞しました。

「ソーラーアワード」は、3・11の東日本大震災・大津波を機にクローズアップされた日本のエネルギー問題について、自然エネルギーの普及・啓蒙につとめ、日本におけるソーラー発電、および自然エネルギー業界の盛り上がりを目指して設けられたものです。

 そのなかで、世田谷区長として「せたがやソーラーさんさん事業」を立ち上げたほか、神奈川県三浦市に太陽光発電所を建設するなど、自然エネルギーの普及につとめた、との評価をいただきました。

 このほかにも、電力の利用者として「電力自由化」を求めるシンポジウムや、自治体と企業の交流機会の提供、またデンマーク・ロラン島への視察、さらに再生可能エネルギーを利用して電気分解した水素を活用した実証実験など、さまざまな取り組みを重ねてきました。

このコラムでも、とくにエネルギー問題については折に触れて書いてきました。

 もっとも大きな反響を呼んだのは、「東京電力をやめて年間約6千万円の節約」(3月9日)という記事でした。世田谷区の163施設で、東京電力の代わりにPPS(新電力=特定規模電気事業者)から購入することで、2013年度に電気代が6650万円削減できたことを紹介したものでした。反響は瞬く間に広がり、facebookの「おおすめ(いいね)」が最後には「1・3万」にまでなりました。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

保坂展人(ほさか・のぶと)

1955年、宮城県仙台市生まれ。世田谷区長。高校進学時の内申書をめぐり、16年間の「内申書裁判」をたたかう。教育ジャーナリストを経て、1996年より2009年まで衆議院議員を3期11年(03〜05年除く)務める。2011年4月より現職。『闘う区長』(集英社新書)ほか著書多数。


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト